人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、体内に残る銃弾の影響を感知している様子はなく、摘出手術は不要との見解

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、体内に残る銃弾の影響を感知している様子はなく、摘出手術は不要との見解_a0151913_01381347.jpg
ディクソン (Диксон) 
Image :Светлана Акулова/Московский зоопарк

ロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で銃弾によって重傷を負って保護・治療のために9月6日にモスクワ動物園に移送されて治療とリハビリが行われている推定3歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон)について、10月15日から23日の動向をまとめておきたいと思います。この期間中にモスクワ動物園から公開された映像、そして後半にはロシアのTVニュースを入れた「まとめ映像」を御紹介しておきます。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、体内に残る銃弾の影響を感知している様子はなく、摘出手術は不要との見解_a0151913_03134295.jpg
トレーニングにおいてディクソンのターゲットへの追随は素晴らしいようです。上の映像の冒頭の方で見ることができますが、そのトレーニングとは、ディクソンが緑色のターゲットをタッチするとおやつがもらえるというもの。そして、彼はすでにそれが得意であると専門の担当者たちは言っているそうです。ディクソンは非常に賢いホッキョクグマであるというのがモスクワ動物園の彼への評価です。それから、獣医師はディクソンの後肢に擦り傷を発見したそうで、これは彼の動きからして予想されることだったようです。前脚はよく動かすものの、不自由な後脚は前脚の動きによって床に引きずられている状態になっていたからでしょう。現在、獣医学上のトレーニングにこの傷の治療が加わり、1日3回実施されているそうです。また、獣医師はディクソンの状態や薬に対する反応によって調整しながら、薬物療法を続けているとのことです。
モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、体内に残る銃弾の影響を感知している様子はなく、摘出手術は不要との見解_a0151913_03320161.jpg
ディクソン (Диксон) 
Image :Светлана Акулова/Московский зоопарк

モスクワ動物園のアクーロヴァ園長は「ディクソンの体内に残る弾丸は、彼の暮らしに影響しているのでしょうか?」という質問に答えて以下のように述べています。 「金属を体内に入れたホッキョクグマがどのように生活しているのか、心配されている方も多いと思います。専門の担当者の観察によりますと、彼は気にはしていない様子だそうです。動物が撃たれても、長い間そのままで生活している例が知られています。ディクソンもそうです。彼の外見的な振る舞いから、体内の異物を感知していないことが分かります。そのため、現時点では彼の手術の必要はありません。」 これは獣医師の見解ということだと思います。

生への強い意欲を見せるディクソンと、それに応えて懸命に彼を生かし続けようというモスクワ動物園のスタッフによって「ディクソンの物語」は進行しているわけです。

(資料)

(過去関連投稿)

by polarbearmaniac | 2022-10-24 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索