人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_02404925.jpg
ディクソン (Диксон) 
Image:Светлана Акулова/Московский зоопарк

ロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で散弾によって重傷を負って保護・治療のために9月6日にモスクワ動物園に移送された推定3歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон) ですが、モスクワ動物園は彼のための特別仕様のプールを増設した飼育展示場の改修工事を行っていました。それが完成し、モスクワ動物園は金曜日の10月28日に初めてその完成した彼のための特別の飼育展示場にディクソンを出しました。もちろんこの場所は現在は来園者からは見えない状態になっています。アクーロヴァ園長以下、スタッフが見守る中で、この金曜日のディクソンの屋外への初登場とプールの初体験の様子をモスクワ動物園が公開していますので、下に youtube の映像でご紹介しておきます。


ディクソンの当日の行動だけに映像を集中した、やや時間の長いバージョンをモスクワ市が公開しています。そちらのほうが彼の様子がもっとよくわかりますので、下ご紹介しておきます。現実のディクソンはまだまだ痛々しいということがわかります。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_05540047.jpg
アクーロヴァ園長はSNSで、この日のディクソンの屋外登場の様子を喜びを込めて以下のように述べています。
モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_03505364.png
Image:Светлана Акулова/Московский зоопарк

「ついに、みんなが待ち望んでいたことが実現したのです!  専門の担当者たちは、ディクソンの限られた身体能力に対応するために用意されたプール付きのケージにディクソンをデビューさせました。当初、ディクソンは新しい環境、匂い、他の動物たちの気配などをチェックしながら隅から隅へと移動し、ある場所では小石を掻くなど、探索行動を見せました。彼は20分ほどでプールにやってきました。ディクソンは水中に入ると、すぐに深い場所に入り、安心して頭から飛び込んでいったのでした。溺れる心配はまったくなく、プールの深さは場所によって35cmから75cmと差があり、スムーズでした。最初の泳ぎを見ると、深さを55cmから85cmにそれぞれ増やせるようになったことがわかりました。専門の担当者たちは、プールに向かう途中や水中で、ディクソンの太ももの筋肉が動いていることに注目しました。これは彼が自分の体を引き上げようとしていたことを意味します。ディクソンは約1時間、楽しそうにプールに入り、初めてのプールは成功だったと評価しています。そして、自分の意志でプールから上がり、無事に囲いの中に戻ってきました。あとは彼が新しい環境に適応するのを待ち、専門の担当者が水中訓練を開始する予定です。」
モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_03582083.jpg
Image:Светлана Акулова/Московский зоопарк

確かにディクソンの姿を見ていると痛々しく感じはしますが、しかし彼が極北の集落で救出されたときの様子と比較すると信じられないような気持ちになります。
モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_04063707.jpg
Image:Светлана Акулова/Московский зоопарк

モスクワ動物園はよくぞここまで粘り強くディクソンのケアを行ったものだと、驚かざるを得ません。アクーロヴァ園長の指揮のもとで、少数精鋭のスタッフの頑張りには最大の賞賛を与えたいと思います。さすがに長い経験でホッキョクグマのことを知り尽くしているモスクワ動物園だけのことはあります。ロシアのTVニュースもこの日のディクソンの屋外登場とプールデビューについて報じています。4つほどそういったニュースを御紹介しておきます。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_04180979.jpg
私が今までこのディクソンの動向を追いかけてきた中で、このディクソンの運命が決定された9月にはドラマがありました。ロシア領内の野生のホッキョクグマを管理しているのは天然資源・環境省の自然管理監督局なのですが、同局の責任者であるスヴェトラーナ・ラジオノヴァ局長(つまりこの方は野生個体であるディクソンを「安楽死」させる決定を出すことのできる最終の法的権限者ということになります)はモスクワ動物園のスヴェトラーナ・アクーロヴァ園長からディクソンの精密検査の結果を電話で聞き、その際にアクーロヴァ園長がディクソンをどうしても救いたいという意向を持っていることを聞いたわけです。ラジオノヴァ局長はアクーロヴァ園長がディクソンの検査結果を発表する2~2時間ほど前に自分のSNSで投稿をアップし、「モスクワ動物園はディクソンを救いたいという意向です。私はディクソンについてはその全てをモスクワ動物園に委ねます。検査結果はアクーロヴァ園長が後ほど皆様に報告するでしょう。」といった内容を述べたのでした。つまりディクソンの検査結果を電話でアクーロヴァ園長から聞いたラジオノヴァ局長は、ディクソンについては、もう管理責任者である自然管理監督局はこれ以上は関与しない姿勢を示したわけでした。つまり「さじを投げて」しまったのです。あまりに検査結果がひどいものだったからでしょう。それから数時間してアクーロヴァ園長は自己のSNSのアカウントでディクソンの精密検査の結果を明らかにし、そして決然とディクソンを救う決意を明らかにしたのでした。ラジオノヴァ局長とアクーロヴァ園長という二人の優れた女性の間に火花が飛び散った瞬間でした。今月になってラジオノヴァ局長はアクーロヴァ園長とモスクワ動物園のスタッフのホッキョクグマの救助活動を称え、表彰を行ったのでした。二人の女性同士の間のスリリングなドラマを感じました。
モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン (Диксон)、遂に屋外に登場し特別仕様のプールを初体験 ~ 火花が散った二人の女性のドラマ_a0151913_05121821.jpg
Image:Светлана Акулова/Московский зоопарк

(資料)
Первый Севастопольский (Oct.28 2022 - Раненый медведь Диксон смог поплавать в бассейне)

(過去関連投稿)

by polarbearmaniac | 2022-10-29 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索