人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、一般公開よりも傷の治療を優先 ~ ディクソンに大きな声援を送るロシアの人々

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、一般公開よりも傷の治療を優先 ~ ディクソンに大きな声援を送るロシアの人々_a0151913_01464534.png
Image : Московский зоопарк

ロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で散弾によって重傷を負い、9月6日からモスクワ動物園で保護・治療されている推定3歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон) について、復習のためにまず最初に10月初めあたりから最近までの映像を繋げたものを見ていただきましょう。


続いて前回の投稿から現時点まで(11月5日~15日)の動向をまとめておきます。この間にモスクワ動物園から公開された映像を結合したものは下をワンクリックしていただくと見ることができます。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、一般公開よりも傷の治療を優先 ~ ディクソンに大きな声援を送るロシアの人々_a0151913_08233271.jpg
上の映像についてモスクワ動物園のアクーロヴァ園長がSNS上で述べているコメントを御紹介しておきます。

・00:00 - 00:46 (11月 8日)
「ディクソンは屋外の囲いを探求し続けています。専門の担当者によると、彼は岩の隙間や壁の上など、ありとあらゆる場所の匂いを嗅ぐそうです。また、小石で巣穴を掘ろうともしています。とても好奇心旺盛で賢いホッキョクグマです。」

・00:47 - 01:01  (11月 9日)
「ディクソンを見る、のぞき穴を作りました。ディクソンの囲いには、彼専用のスリットが入ったバナーが設置され、来客用の窓も別に用意されました。大勢で威圧することなく、淡々とディクソンを覗くことができる、妥協の産物です。ディクソンは今週末に見ることができます。」

・01:02 - 01:58 (11月10日)
「ディクソンは文字通り分刻みでモニターされています。獣医師や飼育係のほかに、動物学者が一日中彼を監視しています。視覚またはカメラの映像で彼の行動を観察し、すべての動きと反応を特別な観察日誌に記録し、彼のリハビリの動的なプロセスを評価します。ディクソンのケースはユニークであるため、このような研究作業は今後、動物学界にとって非常に重要な意味を持つことになるでしょう。」

・01:59 - 03:32 (11月14日)
「ディクソンのプール登場は一時的に延期となりました。水に入ったのでは傷が治らないので、当分プールの使用は控えることにしました。専門の担当者たちは、ディクソンの腫れ物に再生剤を塗り続け、いろいろなものを試し、その効果を観察しています。そして、傷口の縁が閉じてカサカサになる、という効果もあります。ジェルドレッシングを使用する予定ですが、ディクソンはまずその準備が必要です。ディクソンの傷が癒えれば、屋外の囲いに戻す予定です。来園者の視界に入るように開放するのはディクソンにとって安全ではないのではと心配される方も多いようです。しかし、そんな心配は無用で、ケージは外の音から守られており、防音ガラス越しに人の声が聞こえることはありません。ケージの窓が非常に高いだけでなく、上部に特別なプロテクターがあり、他のものが中に入るのを防いでくれるのです。プールの水が凍る心配もなく、水を温めます。そして、ディクソンはまだ泳ぐでしょう、ただ、もう少し我慢しなければなりません。」

・03:33 - 04:56 (11月15日)
「専門員である動物学者がディクソンのリハビリの成果を観察しています。専門家の間では、ディクソンの後肢の足首の動きに注目が集まっており、四肢の麻痺の退行を示しています。とはいえ、このような場合は回復に6週間から6週間かかることもあるので、あまり焦らないようにしましょう。近いうちにMRIの再検査が行われる予定です。前回のスキャンでは、胸椎と腰椎の間に小さなショットガン打撲があることなどもわかっていました。あとは、これが解消されたかどうかを確認する必要があります。ディクソンの状況を監督している脳神経外科医によると、血腫がこのままの状態ではディクソンは手術を受けなければならないかもしれないとのことです。」

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、一般公開よりも傷の治療を優先 ~ ディクソンに大きな声援を送るロシアの人々_a0151913_03424672.jpg
ディクソン (Диксон) Image : Московский зоопарк

こういったところで、アクーロヴァ園長は11月9日に、その週末からのディクソンの公開を発表したのですが、これはディクソンの傷の治療にはまだ時間が要するということで、公開開始は中止になってしまいました。おそらく、ディクソンはここ数日にわたって余りに元気に泳いだりしたために、傷の治癒が遅れてしまったということなのでしょう。モスクワ動物園がディクソンを屋外に出してプールに馴染ませるのは、やや時期尚早だったような感じがします。 この時期のロシアのTV局のニュース映像を下に御紹介しておきます。下をワンクリックして下さい。

モスクワ動物園の重傷を負ったディクソン(Диксон)、一般公開よりも傷の治療を優先 ~ ディクソンに大きな声援を送るロシアの人々_a0151913_02511755.jpg
このディクソン、ロシアでは凄い人気であり、アクーロヴァ園長がSNSで短い映像をアップするたびに、凄い数の熱狂的なコメントが付いています。ファンは全て、ディクソンが極北の集落でケガによって瀕死の状態で横たわっていたのを発見され、そしてモスクワ動物園に移送されるときから、ずっとディクソンの運命を心配して彼の動向を追い続けています。そして何とかディクソンを救おうとするモスクワ動物園のスタッフの懸命な努力に大きな声援を送っているわけです。ここには、ある種の愛国心といったものさえ感じさせます。「これぞロシア!」、そういう感じがします。

以前に「ロシア橋北地域で働く人々とホッキョクグマの不思議な関係 ~ 「蜂蜜(мёд)を食べるお方」への敬意」という投稿をしています。そちらも御参照下さい。ロシア語の「熊」(медведь メドヴェーチ)というのは「蜂蜜 мёд を食べるお方 поедатель」という意味ですが、実はこの「密」は中国語、しかも中国語でも外来語だそうです。東京大学の東洋文化研究所のページでは以下のように述べています。

- 中国語の中で「蜜」という字はインド・ヨーロッパ語族に由来すると確定できる数少ない外来語の一つで、トカラ語B方言であるクチャ語のmitという言葉に由来すると推測される。1916年にはロシアの言語学者 Polivanov氏が「蜜」の由来は印欧祖語の*medhuに遡れることを明らかにしている。また、「蜜」という言葉はサンスクリット語の madhu(蜜、蜂蜜酒)、ギリシャ語の μεθυ(methu葡萄酒)や μεθη(methē,スピリッツ)、古代教会スラヴ語の medŭ(蜜)、リトアニア語のmidùs/medùs(蜜)、古英語の moedu(蜂蜜酒)、古高ドイツ語の metu(蜂蜜酒)、ドイツ語の met(蜂蜜酒)、英語のmead(蜂蜜酒)などの言葉とも比較可能である。

簡単に言えば、日本語の「密(ミツ)」は語源的にロシア語の "мёд" と繋がっているわけです。

(資料)

(過去関連投稿)

by polarbearmaniac | 2022-11-16 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索