人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

モスクワ動物園のディクソン(Диксон/Dikson)、運動能力の回復への道のり ~ 彼への祈りと声援

モスクワ動物園のディクソン(Диксон/Dikson)、運動能力の回復への道のり ~ 彼への祈りと声援_a0151913_02532727.jpg
ディクソン (Диксон) Image:Московский зоопарк

昨年2022年にロシア極北のディクソン (Диксон) の集落付近で散弾を受けて重傷を負い、モスクワ動物園に移送されて9月から保護・治療されている、現在推定4歳の雄(オス)のホッキョクグマのディクソン (Диксон) について、ロシアではその人気には衰えがないようです。現在の彼はモスクワ動物園の考案したリハビリ計画に基づいて屋外で適度な運動を行っており、体の不自由さはあるものの表情は明るく感じられます。前回の投稿以降、3月25日までの彼の様子をモスクワ動物園のアクーロヴァ園長の公開した映像とコメントを御紹介しておきます。以下をワンクリックして下さい。
モスクワ動物園のディクソン(Диксон/Dikson)、運動能力の回復への道のり ~ 彼への祈りと声援_a0151913_01314380.jpg
上の映像についてモスクワ動物園のアクーロヴァ園長がSNS上で述べているコメントは以下のようになります。

・00:00 - 00:53 (3月20日)
「ディクソンは散歩の頻度が増え、動物園の来園者が屋外の囲いの中で彼を見る機会が増えました。彼の状態は安定しており、満足のいくもので、後肢を動かす力も引き続き良好で、動きがより顕著になってきています。前足の傷の治療も良い結果を示しています:ゆっくりと、しかしまだ治っていません。全体として、ディクソンは可能な限り活動的で、食欲も旺盛です。しかし、専門の担当者たちは、ディクソンのためにおやつを箱に隠すだけでなく、囲いの上からおやつを吊るすことも多くなりました。例えば、この動画のように、七面鳥の死骸にたどり着くために、ディクソンは努力して自分の体を引き上げなければなりません。これは、彼の運動能力をさらに刺激するために計算されたものです。」

・00:54 - 01:55 (3月22日)
「ディクソンの散歩はさらに面白く、充実したものになりました。例えば、ダンボールの筒の中にリンゴを入れ、それを吊るしておくと、ディクソンは体を伸ばして餌を取ろうとします。囲いの中でクマは安心して、遊んだり、左右に転がったり、好きなときにはプールで泳いだりしています。」

昨年の秋から今年の始めあたりのモスクワ動物園でのディクソンの姿を、再度一つご紹介しておきます。


ディクソンの救出劇、及びその後のモスクワ動物園での回復については過去関連投稿を御参照頂ければ、かなり細かく掴んでいただくことができます。 欧米や日本では、ロシア国内の情報は、ロシアに非のある始まり方によって現在行われているウクライナ戦争と関連したニュースだけが報じられ、動物たちがどのように暮らしているかなどといったニュースは全く流れてきません。
モスクワ動物園のディクソン(Диксон/Dikson)、運動能力の回復への道のり ~ 彼への祈りと声援_a0151913_03024528.jpg
ディクソン (Диксон) Photo(C) АГН «Москва»

しかし私は、たとえ地球のどこに行っても絶えずこのディクソンのことを想い、心の中で大きく声援の声をあげ、そして彼の回復と健康を祈り続けるでしょう。

(資料)
Заполярная правда (Mar.23 2023 - Белый медведь Диксон стал чаще гулять)

(過去関連投稿)

by polarbearmaniac | 2023-03-26 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索