街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

2012年 08月 31日 ( 2 )

鹿児島へ ~ 坂本龍馬、薩摩上陸の地に建つ碑

a0151913_22433468.jpg
週末は鹿児島に行くことにした。 鹿児島は4年振りになるだろうか。 実は鹿児島はいろいろ訪れたい歴史上の史跡があり、そういった訪問を取り込んで旅程を作りたいと思っているうちに時間がどんそん経過して結果として足が遠のいてしまったというのが本当のところだ。 徳山動物園にしても、やれ津和野にも行って萩にも行ってなどと欲張ったことを考えているうちに再訪するまでに時間がかかってしまったのであるが、鹿児島にしても同じである。 歴史紀行への誘惑も絶ち難い。
a0151913_005031.jpg
鹿児島サンロイヤルホテルにチェックイン。ここは前回も滞在している。
a0151913_01632.jpg
ホテルから近くのコンビニに行こうと思って歩いていると突然、「坂本龍馬、新婚の旅碑」というスポットに遭遇した。 坂本龍馬は例の京都・伏見の寺田屋で伏見奉行の一見の襲撃をうけ負傷してしまったのだが、薩摩藩によって救われ、大阪から船で鹿児島に逃亡したのであった。 その後、薩摩で温泉湯治を行って傷の治療をしたのである。 その湯治旅行にお龍が同行していたために、この旅行が「日本最初の新婚旅行」だと言われている。 このスポットそれ自体はこの「新婚旅行」とは直接の繋がりはない場所だろうと思う。 ただし、西郷隆盛、大久保利通らに引き連れられて坂本龍馬とお龍が上陸したのがこのあたりだったらしい。、こういう碑に偶然出会うというのもさすがに鹿児島である。

(Aug.31 2012 @鹿児島)
by polarbearmaniac | 2012-08-31 23:45 | しろくま紀行

ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のホッキョクグマ、ウドに地元企業から救いの手

a0151913_1683251.jpg
ウド Photo(C) РИА Новости в Томске

ロシアの地方都市で苦境にあえぐ小さな動物園にひっそりと暮らしているホッキョクグマに対して大変に嬉しいニュースが報道されています。 ロシア・西シベリアにあるセヴェルスク動物園については過去何回か投稿してきました(過去関連投稿参照)。 このセヴェルスク動物園は財政的に非常に厳しいらしく、動物たちへの毎日の飼料を満足に確保することにすら四苦八苦している状況であることは以前にもご紹介しています。 この動物園に暮らすホッキョクグマのウドにも厳しい状況が続いているようでした。 最近は夏の暑さのために、ほとんどプールに浸り切りという様子も伝えられています。

ところがトムスクからの報道によりますと、この地方の農産工業企業体の持ち株会社であるСибирская Аграрная Группа (「シベリア農業グループ社」とでも訳しておきます) からセヴェルスク動物園のホッキョクグマのウドに対して食費、ホッキョクグマ舎とプールの修理と改築などの目的で毎月55000ルーブル(約13万2千円)を寄付する申し出があり、セヴェルスク動物園と契約を結んだそうです。 同社ではこの地方で苦境にあえいでいる飼育下の動物を支援することによって少しでも動物の保護に貢献したいという方針で、このホッキョクグマのウドに対する支援が行われることになったそうです。 同企業グループのHPにもこの支援活動開始が述べられています。

このセヴェルスク動物園のウドというのはカザン市動物園の生まれで、サンクトペテルブルクのレニングラード動物園に暮らす女帝ウスラーダの弟にあたるわけで、カイ(仙台)やロッシー(静岡)の叔父にあたるわけです。 現在20歳になるはずですが1994年からこのセヴェルスク動物園で一頭で細々と暮らしているわけで、私は以前から同情の念を抱くと同時に、何か心を引かれるホッキョクグマです。 是非、実際に彼に会ってみたいと思うのですが、前回も書きましたがこのセヴェルスクというのは核関連施設があるために閉鎖都市になっています。 外国人の訪問は極めて難しいようです。 しかし私も、こういったロシア地方都市の「知られざるホッキョクグマ」に光を当てようと、たとえ小さくても何かニュースがあればここでご紹介することにしています。 今回のニュースも小さなニュースではありますが、しかしウドの今後の生活の大きな改善につながる点で、そのニュース価値は実は非常に大きいと考えます。
a0151913_3432290.jpg
Photo(C)crazy.werd.ru

今回このホッキョクグマのウドの他にトムスク小動物園のピューマもこの企業からの支援が始まるそうです。

(資料)
РИА Новости в Томске (Aug.30 2012 - Аграрная группа стала опекуном белого медведя и трехлапой пумы)
Сибирская Аграрная Группа (Press Release/Aug.29 2012 - Белый медведь и пума - у «Сибирской Аграрной Группы» новые друзья)
Томский Обзор (Aug.18 2011 - Зоопарки России-3. Северский зоопарк)

(過去関連投稿)
ロシア・セヴェルスク動物園で空腹に悩むホッキョクグマ ~ 地方小都市動物園の窮状
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園のウドに差し入れによるご馳走のプレゼント
ロシア・西シベリア、セヴェルスク動物園で暮らすウドの避暑 ~ 新動物園計画への子供たちの夢
by polarbearmaniac | 2012-08-31 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア極北・カラ海のディクソ..
at 2018-10-17 03:00
(*投稿準備中)ニジニ・ノヴ..
at 2018-10-17 02:30
(*投稿準備中)ニジニ・ノヴ..
at 2018-10-17 02:00
ニジェゴロド・リンポポ動物園..
at 2018-10-16 03:00
シモーナ (Белая ме..
at 2018-10-15 03:30
ニジェゴロド・リンポポ動物園..
at 2018-10-15 03:00
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2018-10-14 07:00
オムスクからモスクワを経由し..
at 2018-10-14 04:00
グーリャさん、お元気で! ~..
at 2018-10-13 02:30
ボリシェリェーチェ動物園訪問..
at 2018-10-13 02:00

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag