街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

2015年 07月 26日 ( 1 )

一向に夏到来の気配の感じられぬ札幌、日曜日夕方のララ親子 ~ 一眼レフカメラを持たぬ身軽な訪問

a0151913_19181511.jpg
今日は午後三時過ぎに動物園にやってきた。 昨夜から風邪の症状がひどく今日はホテルで一日寝ていることにしていたのだが夕方になって思い切って動物園に行ってみることにした。重いのでカメラは持たずSONYのハンディカム(CX-720V)だけ持ち、それで写真も撮ることにする。
a0151913_19333757.jpg
今日の昼間はどんなドラマがあったかはわからないがララ親子は寝ている。
a0151913_19351961.jpg
昼間札幌市内に降り続いた雨は動物園に着く頃には止んでいた。
a0151913_19374055.jpg
やがて動き出したララとオクタヴィアン(仮称)。 やがて授乳。

ララお母さんの今日夕方の授乳

a0151913_19455318.jpg
なんだき気取っているオクタヴィアンなのだ。
a0151913_1946371.jpg
オクタヴィアン(仮称)の表情の変化

{*追記 - 上の映像の開始後33秒から39秒、及び1分22秒から1分27秒までのオクタヴィアンの後脚に御注目頂きたい。いずれもつま先だけで地面を踏み、かかとの部分は地面に接していないのである。これは幼年個体としても、やや特異な歩き方である。 この二つのシーンはいずれも、彼女が動かないでいた体勢から次の体勢に移行するシーンである。 オクタヴィアンの後脚は先天的な奇形であるようには見えず正常であると思う。 しかし何故こういう体重のかけ方をするかと言えば、それはおそらく気持ちだけが前に行って体がついていっていないからだと思われる。オクタヴィアンの足元の不安定さの原因は、このつま先歩き、つまり特異な体重のかけかたにあるのではないかというのが現時点での私の仮説である。)

a0151913_1954869.jpg
ララお母さんは今日の昼間も大変だったのだろう。 なにしろ行動に予想のつかないオクタヴィアンが相手では疲れて当然である。

閉園時間直前のララ親子の様子

a0151913_2011956.jpg
夕方5時近くなると青空が見えてきた。 一眼レフカメラを持たないと身軽になる。 これも悪くないと思う。

SONY HDR-CX720V
(Jul.26 2015 @札幌・円山動物園)

(*注 - オクタヴィアンというのは勿論、この赤ちゃんの正式な名前が決まるまで私が便宜上、勝手につけた仮称である。)
by polarbearmaniac | 2015-07-26 20:00 | しろくま紀行

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア極東・沿海州のハバロフ..
at 2018-11-17 01:00
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-16 00:30
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-15 01:00
メキシコ・モレリア市のベニー..
at 2018-11-14 02:00
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-14 00:30
ロシア、ニジニ・ノヴゴロドの..
at 2018-11-13 03:00
ベルリン動物公園のトーニャ、..
at 2018-11-12 01:00
カナダ・トロント動物園のハン..
at 2018-11-11 02:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2018-11-10 02:00
アメリカ・コロンバス動物園に..
at 2018-11-09 03:00

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag