街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2018年 02月 21日 ( 1 )

アメリカ・フィラデルフィア動物園の37歳、世界最高齢のコールディロックスが亡くなる

a0151913_410738.jpg
コールディロックス (Coldilocks the Polar Bear) 
Photo(C)Philadelphia Zoo

今年は年明けからホッキョクグマの訃報が相次いでいます。アメリカ・ペンシルベニア州のフィラデルフィア動物園で飼育されていた全米最高齢であると同時に世界最高齢でもあることも確定的であった37歳の雌(メス)のホッキョクグマであるコールディロックスが月曜日の19日に安楽死という処置で亡くなったとのことです。彼女の死を報じるTVニュースです。



彼女はここ一週間のところ老齢によると思われる体調の悪化と食欲の減退の症状を見せていたそうで獣医さんを中心としたチームがその状態を詳しくモニターしていたそうですが、彼女の健康状態の観察、そして今週月曜日に麻酔をかけての診察の結果、安楽死の処置が適当であるとの合意に達し、それが執行されたとのことです。先日2月7日にロシアのペルミ動物園で亡くなったアンデルマは、一部の報道では世界最高齢のホッキョクグマの死と報じられていたわけですが、それは正しくありません。アンデルマは確かにロシア最高齢ではありましたが彼女は34~35歳であったと考えるのが正しく、コールディロックスのほうが高齢だったというのが事実なのです。フィラデルフィア動物園が「コールディロックスを偲んで (Remembering Coldilocks)」という映像を早速制作していますのでそれを見てみましょう。



さらに2015年12月の映像を見てみましょう。



次は2016年1月の映像です。



そして今から僅か二か月前の昨年2017年12月に行われたコールディロックスの37歳の誕生祝いの映像を再度ご紹介しておきます。





次は彼女が亡くなる9日前の2月10日の映像です。



これでアメリカの大都市であるフィラデルフィアにはホッキョクグマが不在となってしまいました。

心より謹んでコールディロックスの死に哀悼の意を捧げます。

(資料)
Philadelphia Zoo (Feb.20 2018 - Remembering Coldilocks)
Philly.com (Feb.20 2018 - Coldilocks, Philadelphia Zoo polar bear, euthanized after 'serious decline' in health)
CBS Philly (Feb.20 2018 - Philadelphia Zoo’s 37-Year-Old Polar Bear Coldilocks Dies)
abc7 (Feb.20 2018- Zoo: Coldilocks, oldest polar bear in US, passes away)
WSMV (Feb.20 2018 - Oldest polar bear in the country dies at 37)

(過去関連投稿)
アメリカ・フィラデルフィア動物園の34歳のクロンダイクが亡くなる ~ 全米最高齢のホッキョクグマの死
アメリカ・サンフランシスコ動物園のウウル(推定35歳)の健康維持に細心の配慮を行う同園
アメリカ・サンフランシスコ動物園のウウルに10トンの雪のプレゼント ~ 「全米最高齢」のホッキョクグマ
アメリカ・フィラデルフィア動物園のコールディロックスが元気に35歳となる ~ 全米最高齢のホッキョクグマ
アメリカ・フィラデルフィア動物園のコールディロックスが36歳となる ~ 全米最高齢のホッキョクグマ
アメリカ・サンフランシスコ動物園のウウルが36歳で亡くなる ~ 全米最高齢のホッキョクグマの死
アメリカ・フィラデルフィア動物園の36歳のコールディロックスへの朗報 ~ "WINTER at Zoo" の試み
アメリカ・フィラデルフィア動物園のコールディロックスが満37歳となる ~ 世界最高齢ほぼ確定的
by polarbearmaniac | 2018-02-21 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-12-14 03:00
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-14 00:30
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2018-12-13 17:00
ロシア・ペンザ動物園の8歳と..
at 2018-12-12 23:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-11 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-10 18:00
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2018-12-09 22:30
ロスチク、「さようなら」も言..
at 2018-12-08 23:55
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-07 22:15
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-07 21:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag