街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2018年 03月 14日 ( 3 )

ロシア・イジェフスク動物園の赤ちゃん(仮称 スネジンカ・アイオノヴナ) が間もなく生後四カ月へ

a0151913_17554937.jpg
ドゥムカお母さんと赤ちゃん Photo(C)Зоопарк Удмуртии

ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園で昨年2017年11月22日にドゥムカお母さんから誕生した赤ちゃん (仮称 スネジンカ・アイオノヴナ - Снеженика Айоновна) が間もなく生後四カ月になろうとしています。この赤ちゃんはすでにドゥムカお母さんと共に産室を出ていますが依然として屋外に留まっているようです。この親子の写真がイジェフスク動物園よりロシア動物園水族館協会 (СоЗАР/RUZA) に提供され公開されました。赤ちゃんの体重は22.5キロになっているとのことです。

この赤ちゃんに関する写真や映像は今まで全てイジェフスク動物園が公開する前にロシア動物園水族館協会 (СоЗАР/RUZA)が公開しているのですが、つまりこの赤ちゃんについてはロシア動物園水族館協会ががっちりとその将来のプランまで握っているように感じられます。この赤ちゃんは「新血統」ですので将来は欧州へ行くかそれとも第一子ですのでロシア国内の主要な動物園に留まるかのどちらかでしょう。「札幌・円山動物園の新施設である「ホッキョクグマ館」が開館 ~ 急務である「新血統」の導入」という投稿でも述べまhしたが、Group-A に属するこの赤ちゃんの入手については非常に難度が高いということです。

あとはこの親子の屋外登場を待つのみです。

(過去関連投稿)
モスクワ動物園 ヴォロコラムスク附属保護施設のアイオンがイジェフスク動物園へ ~ 「新血統」への挑戦
モスクワ動物園が、今後ロシア国内で誕生の個体はロシア国内と欧州だけで飼育の意向を表明
ロシア・イジェフスク動物園でアイオンとドゥムカの初顔合わせが行われる ~ 「新血統」誕生への挑戦
ロシア・イジェフスク動物園の四頭のホッキョクグマたちに夏の季節のおやつのプレゼント
ロシア・イジェフスク動物園のドゥムカの幼年時代 ~ モスクワ動物園での「発達障害」の克服
ロシア・イジェフスク動物園がドゥムカの出産準備体勢へ ~ 野生出身のペアによる「新血統」誕生なるか?
ロシア・イジェフスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 遂に「新血統」の誕生!
ロシア・イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんが生後一ヶ月を無事に通過し両目も開く
ロシア・イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃん (仮称 スネジンカ・アイオノヴナ) が無事に生後二ヶ月となる
ロシア・イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃん (仮称 スネジンカ・アイオノヴナ) が生後三ヶ月へ
by polarbearmaniac | 2018-03-14 18:30 | Polarbearology

モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃんが1月に誕生した模様 ~ 27歳のムルマに咲いた最後の花

a0151913_2315079.jpg
ムルマ (Белая медведица Мурма/Eisbärin Murma)
(2017年7月25日撮影 於 モスクワ動物園)
*男鹿水族館の豪太の母、釧路市動物園のミルクの祖母

ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のトプチィイ園長が明らかにしたところによりますと、モスクワ動物園で今年2018年の1月16日にホッキョクグマの赤ちゃんが誕生しているとのことです。トプチィイ園長は自身のSNSサイトに昨年2017年の繫殖シーズンにホッキョクグマの赤ちゃんの生まれた場所と誕生月日を列記しており、それらは全てこのブログで御紹介してきたものばかりですが、ただ一つ欠けているものを挙げています。それはモスクワ動物園で2018年1月16日に赤ちゃんが誕生しているという内容です。トプチィイ園長は2017年の繫殖シーズンに赤ちゃんが誕生した場所を以下のように挙げています。(*注 - 場所/日/ 月/年 の順番で記述されています。)

Ижевск 15.12.17, (イジェフスク)
Москва 16.01.18,  (モスクワ)
Гельзенкирхен 04.12.17, (ゲルゼンキルヘン)
Кингусси 18.12.17,  (キングシー *ハイランド野生公園の場所)
Николаев 08.12.17, (ムィコラーイウ)


実はこれは私にとっても意外な情報です。モスクワを中心としたいろいろなロシア国内の報道を見てきたつもりですがモスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃんが誕生していることを示唆する情報は全く見当たりませんし、もちろん同園からの何の発表もありません。ただしモスクワ動物園が赤ちゃん誕生の事実を長い間公表しなかったというケースは過去にもありましたのでそう驚くことでもないかもしれません。しかしそれ以上に私にとって意外だったのは、現在のモスクワ動物園で出産の可能性のあるのはムルマただ一頭なのですが彼女は昨年11~12月の時点ですでに27歳になっています。しかも私の見たところパートナーであるウランゲリ(長年シモーナのパートナーでした)との相性は決して良くなかったのです。そのムルマが出産しているとなるとこれは大きなニュースです。
a0151913_23291.jpg
ムルマ (Белая медведица Мурма/Eisbärin Murma) 
(2017年7月25日撮影 於 モスクワ動物園)

ムィコラーイウ動物園のトプチィイ園長という人間的にも信頼でき、かつ責任ある立場の方が1月16日という具体的な誕生月日を挙げてモスクワ動物園で赤ちゃんが誕生したことを述べているわけですから虚報とも言い切れませんが、しかし全く裏のとれない情報です。しかし仮にこのニュースが本当に事実だとしますと27歳にもなったムルマの、それこそ生涯最後の育児を時間をかけてモスクワ動物園で観察することのできる最後のチャンスだと思います。私は過去にムルマの育児は2010年の5月と8月に見ていますが、ムルマはシモーナやララには母親としては及びませんが、それでもなかなかなものでした。今回の情報が本当に正確なものかについてはモスクワ動物園の公式発表を待つ以外にはないでしょう。

(*追記)以下は3月13日のモスクワ動物園のメインの飼育展示場ですがウランゲリが一頭でゆっくり歩いています。この感じからするとムルマが産室にいてもおかしくないような気もします。ワンクリックしてみて下さい。
a0151913_18595496.jpg

(資料)
MIGnews.com.ua (Mar.13 2018 - Видео дня: в Николаевском зоопарке медведица впервые вывела на прогулку своего малыша)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のムルマ(1) ~ 巨体の醸し出す貫禄
モスクワ動物園のムルマ(2) ~ 鷹揚で懐の深い母性
モスクワ動物園のムルマ(3) ~ 初産、そして訪れた危機
モスクワ動物園のムルマ(4) ~ 危機の克服、そして豪太の誕生
モスクワ動物園のムルマ(5) ~ 豪太の日本への旅立ち
豪太(男鹿水族館) のモスクワ動物園での初公開日の映像
モスクワ動物園のムルマお母さんと息子の豪太との関係 ~ ミルクの運動神経は豪太の父のウムカ譲りか?
モスクワ動物園のウムカ (ウンタイ – 男鹿水族館・豪太の父) 闘病生活の後、すでに死亡の模様
モスクワ動物園のムルマの2003年の繁殖挑戦を振り返る ~ 5月の交尾で出産に成功したムルマとララ
モスクワ動物園五日目 ~ ムルマ(豪太の母)とウランゲリ(イワンの父)はやはり相性が悪い?
ムルマ(Белая медведица Мурма)の置かれた苦境 ~ ウランゲリとの微妙な関係
ムルマ (Белая медведица Мурма)、快適に過ごさせてやりたいその余生
by polarbearmaniac | 2018-03-14 03:00 | Polarbearology

ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃんがジフィルカお母さんと共に屋外に登場!

a0151913_1443255.jpg
ジフィルカお母さんと赤ちゃん Photo(C)Николаевский Зоопарк

ウクライナのムィコラーイウ動物園で昨年2017年の12月7日から8日の夜にかけて6歳のジフィルカが産んだ赤ちゃんですが、昨日3月13日の午前中にジフィルカお母さんと共に遂に屋外に登場しました(*追記 - 事前の訓練無しのぶっつけ本番の屋外登場だったようです)。誕生日は12月8日が正式な日付となっているようです。その映像を見てみましょう。どちらの映像も最後の方を見ていますと大阪でのバフィンとモモの一般公開開始初日のシーンを思い出してしまいます。赤ちゃんがステップの上に登れないというシーンにご注目下さい。二番目、三番目の映像は画面をワンクリックして下さい。二眼目はTVのニュース映像です。映像的には三番目の映像の方が鮮明です。

a0151913_17135467.jpg

a0151913_1534272.jpg

性別判定はまだこれからだそうです。

(資料)
MIGnews.com.ua (Mar.13 2018 - Видео дня: в Николаевском зоопарке медведица впервые вывела на прогулку своего малыша)
Depo.ua (Mar.13 2018 - В Николаевском зоопарке белый медвежонок впервые вышел к людям)
КП в Украине (Mar.13 2018 - В Николаевском зоопарке белый медвежонок впервые вышел в люди)
Мой Город (Mar.13 2018 - В Николаевском зоопарке белый медвежонок впервые показался посетителям)
Преступности.Нет (Mar.13 2018 - Николаевский зоопарк опубликовал видео первой прогулки новорожденного белого медвежонка)
112.ua (Mar.13 2018 - Один из пяти в мире: В Николаевском зоопарке впервые вывели на прогулку четырехмесячного белого медвежонка)
РИА Новости Украина (Mar.13 2018 - В зоопарке Николаева на прогулку впервые вышел белый медвежонок)
Інше.ТВ (Mar.13 2018 - В зоопарке Николаева Зефирка впервые вывела на прогулку своего медвежонка)
Новости дня TCH.ua (Mar.13 2018 - Маленький белый медвежонок впервые вышел из вольера на улицу в Николаевском зоопарке)

(過去関連投稿)
ホッキョクグマ・アイカ と レディン家の物語 ~ 愛情の日々、そして悲劇的な終末へ
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 一頭が元気に成育中
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園での赤ちゃん誕生の報道に登場した「悲劇のホッキョクグマ」アイカの姿
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃんが生後一か月に
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃんが生後二ヶ月に ~ 雪の日の父親ナヌク
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃん、間もなく生後三ヶ月へ ~ 初めての自然光での映像
by polarbearmaniac | 2018-03-14 02:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園で進む..
at 2018-07-22 03:00
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2018-07-21 02:00
ロシア極北・カラ海沿岸でロシ..
at 2018-07-20 02:00
ロシア・南ウラル地方、チェリ..
at 2018-07-19 03:00
ロシア北東部・ヤクーツク動物..
at 2018-07-18 02:00
ロシア、ニジニ・ノヴゴロドの..
at 2018-07-17 00:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2018-07-16 03:00
スコットランド、ハイランド野..
at 2018-07-15 03:00
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2018-07-14 02:00
「米露ホッキョクグマ委員会」..
at 2018-07-13 03:00

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag