街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

2018年 03月 17日 ( 1 )

スコットランド、ハイランド野生公園の赤ちゃんの屋外初登場の映像 ~ Channel 4 の番組予告編映像より

a0151913_22371926.jpg
Image:Channel 4

イギリス北部スコットランドのキンクレイグ (Kincraig) にあるハイランド野生公園 (Highland Wildlife Park) で12月下旬に21歳のヴィクトリアから誕生した赤ちゃんが3月7日に初めて戸外に登場した件は「スコットランドのハイランド野生公園で誕生の赤ちゃん、遂に母親と一緒に戸外に登場!」という投稿の通りです。その投稿の際にもご紹介していましたがイギリスの Channel 4 が "Britain's Polar Bear Cub" というドキュメンタリー番組を18日の日曜日19時(日本時間の翌日午前4時)から放送することになっているのですが、その予告編の映像が公開されていますのでご紹介しておきましょう。なかなか素晴らしい映像だと思います。以下の三つですが最初の二つは画面をワンクリックして下さい。音声は必ずonにして下さい。
a0151913_230244.jpg

a0151913_22562299.jpg



赤ちゃんは3月13日の段階で体重が11.5kgsだそうで82日齢だと同園は述べていますが、それで逆算すると赤ちゃんの誕生日は昨年12月22日となるはずです。しかし飼育員のヴィッキーさんが赤ちゃんの泣き声を初めて聴いたのは12月18日のことだったと語っていますのでいったい何日がこの赤ちゃんの誕生日なのかはわからないままです。しかしこれは大した問題ではないでしょう。ちなみにウクライナ・ムィコラーイウ動物園のトプチィイ園長はこのハイランド野生公園の赤ちゃんの誕生日を12月18日だと書いていました。
a0151913_2320970.jpg
Image:STV

この赤ちゃんはまだ母乳に頼っているもののニンジンやリンゴなども口にするようになっているそうです。性別判定はあと数週間後に行うようです。同園はこの赤ちゃんが雌(メス)の場合でも雄(オス)の場合でも候補の名前をいくつか考えているそうです。ここで同園の飼育主任のウナ・リチャードソンさんのインタビューを聞いてみましょう。リチャードソンさんはこの赤ちゃんの姿を初めて見た時の興奮についても語っています。最初の気持ちを "emotional" と述べています。POED(Pocket Oxford English Dictionary) によればこれは "having feelings that are easily excited and openly displayed" つまり「ただちに心が動いた」とでもいう意味になるでしょうか。



(資料)
Highland Wildlife Park (Mar.13 2018 - Highland Wildlife Park Blog - keeping up with the cub)
Scottish Daily Record (Mar.13 2018 - Watch adorable first footage of Scottish polar bear club at Highland Wildlife Park)
STV News (Mar.13 2018 - First polar bear cub born in UK for 25 years)

(過去関連投稿)
デンマーク・オールボー動物園のヴィクトリアがスコットランドのハイランド野生公園に到着
スコットランド、ハイランド野生公園の18歳の雌のヴィクトリアの繁殖に対する同園の大きな期待
スコットランド、ハイランド野生公園の19歳の雌のヴィクトリアと8歳の雄のアルクトスの歩む繁殖への道
スコットランドのハイランド野生公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 英国で25年振りの赤ちゃん誕生
スコットランドのハイランド野生公園で誕生の赤ちゃん、生後30日を通過 ~ "bursting with excitement..."
スコットランドのハイランド野生公園で誕生の赤ちゃん、遂に母親と一緒に戸外に登場!
by polarbearmaniac | 2018-03-17 00:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア極北・カラ海のディクソ..
at 2018-10-17 03:00
(*投稿準備中)ニジェゴロド..
at 2018-10-16 05:00
ニジェゴロド・リンポポ動物園..
at 2018-10-16 03:00
シモーナ (Белая ме..
at 2018-10-15 03:30
ニジェゴロド・リンポポ動物園..
at 2018-10-15 03:00
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2018-10-14 07:00
オムスクからモスクワを経由し..
at 2018-10-14 04:00
グーリャさん、お元気で! ~..
at 2018-10-13 02:30
ボリシェリェーチェ動物園訪問..
at 2018-10-13 02:00
オムスク散策 ~ シベリアの..
at 2018-10-12 02:00

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag