街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

2018年 04月 06日 ( 1 )

デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園の冬の日のホッキョクグマたち ~ 冬期閉園中もドラマは進行

a0151913_214441.jpg
ヌノ(左)とボリス(イワン - 右) Image:Skandinavisk Dyrepark

デンマーク・コリン (Kolind) のスカンジナヴィア野生動物公園は飼育環境においても園長さんを中心としたスタッフの見識においても、現在世界で最も優れたホッキョクグマの飼育施設であることは間違いないでしょう。現在ここでは6頭のホッキョクグマが飼育されていますが、組み合わせを変えたりなどして行われる他頭同居の試みは先進的であると同時に常にドラマを感じさせてくれます。人工哺育された現在は6歳になっている雄(オス)のシークー (Siku)、そしてコペンハーゲン動物園を不本意な形で去らねばならなかった12歳の雄(オス)のボリス(イワン)、そして彼とパートナーを組むことになった5歳の雌(メス)のヌノ (Nuno)といった三頭が現在は主役の座にあり、その他では繁殖の場から引退した24歳の雌(メス)のイルカ(Ilka)、24歳の雄(オス)のヌーク (Nuuk)、16歳の雄(オス)のネノク (Nanok) といった面々がスカンジナヴィア野生動物公園のホッキョクグマたちのドラマを脇役としてしっかりと支えています。
a0151913_2191680.jpg
ヌーク (Nuuk) Photo(C)Skandinavisk Dyrepark

さて、昨年暮れから今年にかけてのスカンジナヴィア野生動物公園での話題をいくつか拾っておきましょう。まず昨年2017年の繁殖シーズンに繁殖に挑戦した当時11歳の雄(オス)のボリス(イワン)と4歳の雌(メス)のヌノの年齢差のあるペアの結果についてですがラルセン園長が語っています。



残念なことにヌノには妊娠が期待されていたものの出産はなかったそうです。ヌノは昨年は4歳であり繁殖初挑戦だったわけですから、まあいたしかたないと言えます。彼女のパートナーとなったボリス(イワン)ですが彼は男鹿水族館の豪太の弟にあたります。私は2011年に彼にコペンハーゲン動物園で会ったのですが、すごい巨体だったのには驚きました。彼はコペンハーゲン動物園で上野のデアの姉であるノエルとペアを組んでいたわけですが相性が良くないと判断されてスカンジナヴィア野生動物公園に追い出されるような形で移動してきたわけです。そういった一連の経緯は過去関連投稿を御参照下さい。

さて、この冬は欧州やロシアに大寒波が襲ったわけですが、そういった時期に地元のTV局が冬期は開園していないスカンジナヴィア野生動物公園に取材のために訪れてホッキョクグマたちの暮らしを映像にしてニュースの中で放送したようです。その映像を見てみましょう。登場しているのは主にボリス(イワン)で、シークーも姿を見せています。大寒波の中でもホッキョクグマたちはそれを全く気にしておらず餌を投げ入れているラルセン園長だけが寒さに震えていたようです。「寒さで指がおかしくなりそうです。」とラルセン園長は語っています。下をワンクリックして下さい。
a0151913_23381170.jpg

そうこうするうちに3月になって今年2018年の繁殖シーズンのボリス(イワン)とヌノの繁殖のための同居が開始されました。その様子を見てみましょう。体の大きい方はもちろん雄(オス)のボリス(イワン)、小さいほうが雌(メス)のヌノです。下をワンクリックして下さい。
a0151913_129096.jpg
ボリス(イワン)のほうがやや急ぎ過ぎといった感じがします。雌(メス)のヌノは5歳になりましたから今年は出産成功の大きなチャンスがあります。ただし問題はボリス(イワン)の繁殖能力だと思います。モスクワ動物園のムルマの子供たちというのは、私に言わせるとシモーナの子供たちよりも繁殖能力は及ばないと思っているからです。

このペアの繁殖への試みが行われている同じ時期にシークーは別の場所で氷と格闘していたようです。春の息吹も感じられて氷が融けて割れています。こういった状態であなんとなく動きにくいといった感じのシークーです。下をワンクリックして下さい。
a0151913_1501331.jpg

(資料)
TV2 ØSTJYLLAND (Mar.3 2018 - Isbjørne elsker kulde i dyrepark - og de bliver ikke våde i vand)

(過去関連投稿)
(*以下、シークー関連)
デンマーク・東ユトランドのスカンジナヴィア野生動物公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園で人工哺育されている赤ちゃんの映像
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園のシークーの生後32日目の映像
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園のシークーの報道映像
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園で人工哺育されているシークーの生後66日目の映像が公開
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーが遂に屋外へ
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーの戸外初登場の映像
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーが飼育場に登場
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブカメラ映像、遂に公開開始!
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (2)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (3)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (4)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (5)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (6)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園の赤ちゃん、シークーのライブ映像ハイライト (7)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園、シークーのライブ映像ハイライト (8)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園、シークーのライブ映像ハイライト (9)
デンマーク、スカンジナヴィア野生動物公園、シークーのライブ映像ハイライト (10) ~ 満一歳となる
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で進行中の2つのドラマ ~ イルカ親子、そしてシークー
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのシークーの 「適応化 (Socialization)」 が順調に進行中
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のスミラ逝く ~ 「適応化 (Socialization)」 への大きな功績
(*以下、ネヌとヌノの双子関連)
デンマーク ・ コリンのスカンジナヴィア野生動物公園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!
デンマーク のスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃんの産室内映像を地元TV局が公開
デンマークのスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃんの生後70日目の映像が公開
デンマークのスカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、産室内で歩行する ~ 生後74日目の映像
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、生後79日目の映像が公開
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、生後87日目の映像が公開
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で誕生の双子の赤ちゃん、遂に戸外へ!
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で昨年11月誕生の双子の赤ちゃんの近況 ~ 凛々しい顔立ち
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で春の陽光を浴びるイルカお母さんと、お行儀の良い双子ちゃん
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園の双子の赤ちゃんの近況を伝える地元のTV局の番組
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園で進行中の2つのドラマ ~ イルカ親子、そしてシークー
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのイルカお母さんと双子の赤ちゃんのライブ映像の配信開始
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園の双子の赤ちゃんたちの近況
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のホッキョクグマたちの織りなす多彩なドラマ
デンマーク・コリンのスカンジナヴィア野生動物公園の双子の成長 ~ お行儀の良さは環境の良さが原因?
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のイルカお母さんの双子の性別と名前決定 ~ 雄がネヌ、雌はヌノ
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でのシークーとネヌ、ヌノの同居 ~ ドキュメンタリー番組より
(*以下、ボリス/イワン関連)
デンマーク・コペンハーゲン動物園がボリスとノエルの相性を否定的に評価し同ペア間の繁殖を断念へ
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園へ
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園に到着 ~ 繁殖に必要な「非情」
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園に到着したボリス(イワン)のその後
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園でボリス(イワン)が4歳のヌノと早々と同居が試行される
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園のヌノとボリス(イワン)が切り開いていく同園での繁殖の未来

デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園での雄(オス)の多頭同居 ~ 世界の最先端をいく同園の飼育方針
by polarbearmaniac | 2018-04-06 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

欧州へ!
at 2018-08-20 09:15
チェコ・ブルノ動物園の二つの..
at 2018-08-20 02:00
チェコ・ブルノ動物園のウムカ..
at 2018-08-19 00:15
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2018-08-18 02:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2018-08-17 02:00
フランス・ロレーヌ地方、アム..
at 2018-08-17 00:30
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-08-16 03:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2018-08-15 01:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2018-08-14 03:00
カナダ・ケベック州、サンフェ..
at 2018-08-13 03:00

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag