街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2018年 06月 11日 ( 1 )

二年前に「世界で最も悲しいホッキョクグマ」とされた「皮扎/皮萨 (Pizza)」の二年後の現在

a0151913_0451833.jpg
現在の「皮扎/皮萨 (Pizza)」 Photo(C)HZY/National Geographic

二年前に中国・広東省の広州市のショッピングモールにある「広州正佳極地海洋世界 (广州市正佳极地海洋世界 - Guangzhou Grandview Polar Ocean World)」の水族館で飼育されていた当時三歳の雌(メス)のハイブリッドのホッキョクグマの「皮扎/皮萨 (Pizza)」の飼育環境が劣悪であったことからこの皮扎 (Pizza)を「世界で最も悲しいホッキョクグマ」と呼んで彼が飼育されている水族館の閉鎖を求めてネット上で署名活動が行われたということがありました。それについては「中国・広東省、広州市の世界からの批判を浴びる「広州市正佳極地海洋世界のホッキョクグマ」の謎」、「イギリスのヨークシャー野生動物公園が中国・広州市の「皮扎 (Pizza)」の受け入れを申し出る」、「中国・広州市の「皮扎 (Pizza)」の血統の深い謎 ~ 「皮扎 (Pizza) = 皮祖 (Pezoo)」 なのか?」という三つの投稿を御参照いただきたいのですが、当時の私の関心はもっぱらこの「皮扎/皮萨 (Pizza)」の血統に潜む深い謎の追及にあったわけでした。相当の「ホッキョクグママニア」を自負している方でないと簡単には理解していただけない内容だったと思っています。さて、実は先日の私の海外遠征中にナショナル・ジオグラフィック (National Geographic) 誌の5月11日付記事 ("Nearly Two Years Later, ‘World’s Saddest Polar Bear’ No Longer Sad?") にて、この皮扎 (Pizza) の二年後の現在の様子について取材した投稿を掲載していますので、その内容を簡単にご紹介しておくことにします。
a0151913_2134721.jpg
「皮扎/皮萨 (Pizza)」Image:National Geographic

二年前の大きなキャンペーンによって批判を浴びた広州正佳極地海洋世界は数カ月後にその飼育展示場を閉鎖して皮扎 (Pizza)を天津市の天津海昌極地海洋世界 (Tianjin Haichang Polar Ocean World) に移動させました。そこは皮扎 (Pizza)の生まれ故郷です。そして彼女は自分の母親とそこの飼育展示場で同居を始め、そして現在に至るまでそこで暮らしているそうです。今年の4月にアメリカの保護活動家の方が実際に天津市のこの天津海昌極地海洋世界を訪問して皮扎 (Pizza) の元気な姿を確認しており、その際に映像も撮影したようです。以下にその映像の一部をご紹介しておきますが、前半は二年前の広州市での映像です。後半は現在の天津市での映像で皮扎 (Pizza) が母親と共にいる姿が映っています。下をワンクリックしていただくと映像開始のページに飛びます。
a0151913_14880.jpg

その活動家の方など複数の観察によりますと皮扎 (Pizza)は二年前と比較するとずっと幸福そうに見えストレスも感じていない様子に見えたそうです。また、常同行動も影を潜めていて以前と比較すると桁違いに良い状態 ("a million times better") にあるということだそうです。以前の施設との比較では、以前はガラス越しに来園者の近くにいてカメラのフラッシュなどを浴びていたものの現在の場所では来園者とはやや距離があり、そして来園者の喧騒はずっと少ないそうです。展示時間も以前の施設では夜まであったものの現在の施設では昼間の時間帯だけだそうで、さらに現在の飼育展示場は皮扎 (Pizza)が自分の姿を隠す場所もあるということだそうです。勿論現在の場所は屋外の場所に出られないという点では理想的な飼育環境とは言い難く、やはり中国の施設ではホッキョクグマの飼育には適した場所はないということも語っています。そもそも中国には飼育下の動物たちの福祉を定めた法律はないそうです。ショッピングモールなどの商業施設の一部に動物たちが展示されていることについては、そういった商業目的の施設には動物たちを展示することに教育的な目的といった観点が欠けている点も大いに問題があるとも述べています。
a0151913_2335854.jpg
皮扎 (Pizza - 右) と、その母親とされる個体(左) 
Photo(C)HZY/National Geographic

さて、こういったナショナル・ジオグラフィック誌の記事の内容はともかくとして、現在の天津市の施設で皮扎 (Pizza)と同居しているのが本当に彼女の(生物学上の)母親であるのかについては完全な確証が無いままです。この記事の中で実際に天津市のこの施設で皮扎 (Pizza)に会った方は彼女のことを "he" で述べていますが皮扎 (Pizza)は "he" ではなく "she" で受けるのが正しいわけです。皮扎 (Pizza)がこうして母親と同居しているのは彼女がまさに母親と同性の雌(メス)であるから可能なことであると考えれば、やはり皮扎 (Pizza)と同居しているのは彼女の(生物学上の)母親であると考えて間違いではないようにも思います。そして、上の写真で見る限り皮扎 (Pizza) の母親もやはりハイブリッドである可能性が濃厚です。ということは皮扎 (Pizza) の(生物学上の)父親はハイブリッドではない通常のホッキョクグマであるという可能性が強くなることを意味しています。

なかなか素晴らしい記事だと思いますが、皮扎 (Pizza) が皮祖 (Pezoo)と同一個体ではないかといった疑問などは解けないままです。仮のこの記事のように皮扎 (Pizza) が雄(オス)だというのでしたら「皮扎 (Pizza) = 皮祖 (Pezoo)」は成立する可能性は大きいと思います。それから、中国の施設はホッキョクグマの血統のようなことについては質問しても一切答えないようです。その他についてもインタビューを申し込んでも断られるようです。現に本件についても活動家その他の方が天津市の天津海昌極地海洋世界に取材を申し込んでも断られたことを述べています。中国国内のホッキョクグマの血統については数頭は別にしても、その他は非常に謎が多いのです。解明は容易ではありません。

(資料)
National Geographic (May.11 2018 - Nearly Two Years Later, ‘World’s Saddest Polar Bear’ No Longer Sad?)

(過去関連投稿)
セルビア・ベオグラード動物園のハイブリッドの正体 ~ “Polar Bear/Kodiak Bear Hybrid”
中国・広東省、広州市の世界からの批判を浴びる「広州市正佳極地海洋世界のホッキョクグマ」の謎
セルビア・ベオグラード動物園と中国・広州市の正佳極地海洋世界を結んだ「暗黒の闇」の連鎖の世界
イギリスのヨークシャー野生動物公園が中国・広州市の「皮扎 (Pizza)」の受け入れを申し出る
中国・広州市の「皮扎 (Pizza)」の血統の深い謎 ~ 「皮扎 (Pizza) = 皮祖 (Pezoo)」 なのか?

(*皮祖 (Pezoo)関連)
中国・天津市の天津海昌極地海洋世界でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ そしてカナダでの映画撮影
映画 “Il mio amico Nanuk” で共演したエイギー(Agee) とハイブリッドの皮祖 (Pezoo)
by polarbearmaniac | 2018-06-11 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-19 00:30
"Polar Bear of..
at 2018-12-18 03:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2018-12-17 02:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2018-12-16 03:00
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-15 02:00
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-15 00:30
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-15 00:15
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-12-14 03:00
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-14 00:30
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2018-12-13 17:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag