街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
通知を受け取る

2018年 08月 06日 ( 1 )

ナショナルジオグラフィック誌がホッキョクグマの飢餓の姿を温暖化の影響に直結したデマゴギー記事を訂正

a0151913_15581815.jpg
Photo(C)CATERS/SIPA

この上の写真を今まで一度も見たことのないホッキョクグマファンは多分いないでしょう。これはアメリカの雑誌であるナショナルジオグラフィック (National Geographic) 誌に昨年の12月号に掲載された記事 ("Heart-Wrenching Video Shows Starving Polar Bear on Iceless Land") で紹介されたカナダの北極圏の、ある場所で夏に撮影された写真です。そして次の動画、これを今まで一度も見ていないホッキョクグマファンも多分いないでしょう。この下の動画は上の写真のホッキョクグマと同じです。



最初の写真や動画は昨年12月に世界中の主要なメディアに取り上げられました。どういうわけか普段では世界に目を向けないはずの日本のメディアもこのホッキョクグマに関して記事にしていました。上の映像の中でナショナルジオグラフィック誌は下のように "This is what climate change looks like" というキャプションを入れています。
a0151913_241717.jpg
そういうこともあってこれらの写真や映像が地球の気候変動(具体的には温暖化)がホッキョクグマにどのような影響を与えているかを視覚的に直截な形で示している材料として世界中のメディアがこれを報じたわけでした。さて、ホッキョクグマに関してどういった重要なことが世界で話題になっているかについては逃さずに投稿していくことを信条にしている私は当ブログでこの話題を全く取り上げませんでした。「何故投稿しないのか?」と思った方がいたかもしれません。私がこれを本ブログで投稿しなかった理由は簡単です。ナショナルジオグラフィック誌の記事の内容はここで投稿して紹介するだけの価値のある正確な内容の記事ではなかったからです。何故投稿する価値がないのかとえいば、それは "This is what climate change looks like" という記事がデマゴギーであることがすぐにわかったからでした。写真や動画に写っているホッキョクグマが痩せ細っているのは地球の気候変動(具体的には温暖化)のために食べるものが得られずこのような姿になってしまったなどということを言えるはずがないからです。このホッキョクグマは何かの病気だろうと私はすぐに気が付きました。世界の主要なメディアの中でやはりこれを瞬時に完全に見破って否定したのはフランスのフィガロ (Le Figaro) 紙だけでした。ワシントンポスト紙は懐疑論に留まり否定にまでは至りませんでした。

さて、今年の6月になってナショナルジオグラフィック誌はこっそりと前年12月の記事に但し書きを追加して事実上その間違いを認めました。同誌の日本語版でも以下のような但し書きが入れられました。「ナショナル ジオグラフィック日本版 (Dec.11 2017 - 餓死寸前のホッキョクグマ、胸張り裂ける動画)」では以下のように述べられています。

「動画のホッキョクグマが餓死寸前である理由を確実に知る方法はありません。そのことを明確にするために、動画の説明文を変更しました。これまでの説明文では、動画の冒頭に「これぞまさに気候変動の姿だ」としていましたが、気候変動とこの特定のクマとの関連性を断定するような行き過ぎた表現でした。また、撮影地も明確にしました。(2018.6.15)」

そして同誌は最新の8月号に "Starving-Polar-Bear Photographer Recalls What Went Wrong" というこの映像を撮影した同誌の契約カメラマンの回想記事を掲載し、何故このような「間違い」が起こったのかを読者に示しています。それによりますと、このカメラマンは最初に自分のインスタグラムに投稿した時には “This is what starvation looks like.” というタイトルだったもののナショナルジオグラフィック誌が昨年12月号で記事を掲載した際には "This is what climate change looks like" となっていたと語っています。その他にも興味深いことがいくつも書いてありますが長くなりますのでこれ以上ここでは書きません。しかしさすがにナショナルジオグラフィック誌だけあって間違いを認め、なぜそれが発生したかについてはよく読者に説明していると評価できる内容です。(日本のA新聞とはかなり違います。)

ホッキョクグマが地球上に存在するようになってから今に至るまで、病気などで体力が低下して上の写真や動画のような姿となって間もなく死んでしまったホッキョクグマは数限りなくいたわけです。今回のホッキョクグマもそういった数多くのホッキョクグマのうちの一頭に過ぎません。それにもかわわらず、やれ地球温暖化の影響でホッキョクグマはこのような姿になったのだなどというのはデマゴギーそのものなのです。過去の投稿のうち「ホッキョクグマの cannibalism(同種食い) を考える」、「餓死したホッキョクグマの写真を掲載した報道記事の波紋 ~ イアン・スターリング氏のコメントをめぐって」、「愚劣なカメラマンの公開した無意味で無価値な写真に踊る人々 ~ 「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」」という三つの投稿を御参照下さい。今回のケースと似たような話なのです。

(資料)
National Geographic (Dec.7 2017 - Heart-Wrenching Video Shows Starving Polar Bear on Iceless Land) (Dec.11 2017 - Starving Polar Bear Photographer Explains Why She Couldn’t Help) (Dec.11 - Your Questions About Our Starving Polar Bear Video Answered)
The Guardian (Dec.8 2017 - 'Soul-crushing' video of starving polar bear exposes climate crisis, experts say)
The Washington Post (Dec.9 2017 - ‘We stood there crying’: Emaciated polar bear seen in 'gut-wrenching' video and photos)
CBC Radio-Canada (Dec.11 2017 - Viral video of emaciated polar bear may not be what it seems, Nunavut bear monitor says)
CNN (Feb.21 2013 - Don't feed the (polar) bears)
Neue Zürcher Zeitung (Dec.11 2017 - Sterbender Eisbär: Experte hält Erkrankung oder Verletzung für wahrscheinlicher)
Le Monde (Dec.14 2017 - L’ours polaire famélique est-il vraiment victime du réchauffement climatique ?)
Le Figaro (Dec.15 2017 - Cet ours polaire mourant de faim est-il réellement victime du réchauffement ?)
Bulletin of the Atomic Scientists (Dec.18 2017 - Yes, that dying polar bear is connected to climate change)
WWF-Canada (Mar.7 2017 - Polar bear subpopulations stable, but sea ice loss is taking its toll) (Dec.18 2017 - Polar bears need help now. Here’s why)
National Geographic (Aug. 2018 - Starving-Polar-Bear Photographer Recalls What Went Wrong)
ナショナル ジオグラフィック日本版 (Dec.11 2017 - 餓死寸前のホッキョクグマ、胸張り裂ける動画)
Arctictoday (Aug.3 2018 - National Geographic admits skeletal polar bear-global warming link ‘went too far’)
Globalnews.ca (Aug.1 2018 - This polar bear is starving, but it’s not ‘what climate change looks like’: National Geographic)

(過去関連投稿)
ホッキョクグマの cannibalism(同種食い) を考える
カナダ北部、ヌナブト準州の村落近くでホッキョクグマ親子3頭が射殺される ~ 経験と科学の相克
餓死したホッキョクグマの写真を掲載した報道記事の波紋 ~ イアン・スターリング氏のコメントをめぐって
愚劣なカメラマンの公開した無意味で無価値な写真に踊る人々 ~ 「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」
by polarbearmaniac | 2018-08-06 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア極東・沿海州のハバロフ..
at 2018-11-17 01:00
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-16 00:30
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-15 01:00
メキシコ・モレリア市のベニー..
at 2018-11-14 02:00
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2018-11-14 00:30
ロシア、ニジニ・ノヴゴロドの..
at 2018-11-13 03:00
ベルリン動物公園のトーニャ、..
at 2018-11-12 01:00
カナダ・トロント動物園のハン..
at 2018-11-11 02:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2018-11-10 02:00
アメリカ・コロンバス動物園に..
at 2018-11-09 03:00

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag