街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2018年 09月 19日 ( 1 )

ワルシャワのショパン博物館 (Muzeum Fryderyka Chopina w Warszawie) を訪問して

a0151913_7205221.jpg
ワルシャワにまた夏が到来したような気温と天気である。今日はショパン博物館 (Muzeum Fryderyka Chopina w Warszawie) を訪問することにした。
a0151913_72223100.jpg
ここは私が前回2009年にワルシャワに来た時には改装工事とかで閉館していた。いったいどのような展示になったのかを知りたくてやってきた。
a0151913_7241810.jpg
入り口を入るとアール・ヌーヴォー調である。
a0151913_7253539.jpg
フレデリック・ショパン (Fryderyk Chopin/Frédéric Chopin - 1810~1849) が彼の晩年に使用したピアノが展示されている。
a0151913_7285622.jpg
a0151913_7304420.jpg
プレイエルのピアノである。
a0151913_732469.jpg
a0151913_7324482.jpg
さて、このショパン博物館ではショパンがきれいに清書した自筆譜は何枚も展示されているものの書き直しや訂正のある自筆譜は上のたった二枚だけの展示だった。ショパンという作曲家は実は一度書いたものを何度も修正や訂正をほどこした作曲家なのである。その点ではモーツァルトやシューベルトなどと違ってむしろこの点ではショパンはベートーヴェンに近いのである。ショパンというと何かいつもインスピレーションにまかせてどんどんと作曲を進めていったという印象を持つが、実際はそうではなく推敲を重ねながら創作していったという面がかなりあるのだ(こういったことは日本語で書かれたショパンに関する本にはほとんど記述されていない)。ところがこのショパン博物館の展示を見ていてもそういったことは全く教えてはくれない。きれいに清書された自筆譜を多く展示すれば、実は彼が作曲の過程で推敲や訂正を多く行ったという事実があるにもかかわらず、それとは全く逆の印象を訪問者に与える可能性は大きい。つまりこの博物館はショパンの創作の過程とその独自の音楽の秘密といったものの実像を突っ込んで訪問者に提示しようなどという意思はないということである。こういうことを「薄っぺらい展示」というのである。
a0151913_7395029.jpg
ショパンの書いた手紙などを見ると基本的には彼は字の巧い書き手である。ということは、彼はその早熟な音楽的才能と比較すると言語的能力はさほどでもなかったということを意味しているように考えられる。言語的能力に優れた人間の多くは非常に早い年齢から書に親しんだりする。ところがそういった人間の多くは大人になっても字が下手な場合が多い。反対に字の巧い人間は言語的能力が比較的高くない場合が多いのである。「あなたは字がお上手ですね。」と言われたら「あなたはあまり言語的能力は高くはないですね。」と言われたことと同じだと考えたほうがよいのである。
a0151913_7483740.jpg
さて、こうして言語的能力はあまり優れていなかったらしいショパンだが、その持っている音楽的才能は研ぎ澄まされたスラヴ的感性が土台にあったと私は考えている。そしてショパンはニヒリストであったという故遠山一行氏の意見に私は賛成である。そしてショパンは彼自身の内面を容易には外に表さない人間であったとも思う。
a0151913_7533959.jpg
私が今回初めて見たのはショパンがクララ・ヴィーク(後のローベルト・シューマンの夫人)にあてて書いた献呈の辞である。
a0151913_821054.jpg
1836年9月のものらしい。この頃クララ・ヴィークはローベルト・シューマンと恋愛関係にあったはずである。ショパンとクララとの間のことを考えてみることも意外におもしろいかもしれない。
a0151913_831884.jpg
さてこのショパン博物館、私にはちっともおもしろくなかった。私はショパンに興味がないどころではなく数多くの名ピアニストの弾くショパンの作品の演奏も実演で聞いてきたし今まで欧米で出版されたショパンに関する本をかなり読んできた。そういった身で感じることは、このワルシャワのショパン博物館は彼の音楽の秘密を解くせめてものヒントすら訪問者に提示しようなどという気はまるでなく、ごく少ない量の展示物を単純に並べただけといったものである。実につまらない。ここに来たのは時間の無駄だった。
a0151913_8125487.jpg
新世界 (ノヴィ・シフィャト - Nowy Świat) 通りに出て聖十字架教会にやってきた。
a0151913_819415.jpg
この教会にはショパンの心臓がおさめられている。
a0151913_820409.jpg
この中にあるらしい。
a0151913_8302123.jpg
ショパンは20歳の時にポーランド(ワルシャワ)を去った。その理由はあくまで政治的なものであり彼の内的動機によるものではないというのが実相である。

SONY DSC-RX100M5
(Sep.18 2018@ポーランド、ワルシャワ)


Vladimir Horowitz plays Mazurka in b minor Op.33 No. 4 by Frédéric Chopin


Alfred Cortot plays Nocturne Op.55 No 2 by Frédéric Chopin
by polarbearmaniac | 2018-09-19 06:45 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-11 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-10 18:00
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2018-12-09 22:30
ロスチク、「さようなら」も言..
at 2018-12-08 23:55
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2018-12-07 22:15
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2018-12-07 21:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2018-12-07 20:30
カナダ・サンフェリシアン原生..
at 2018-12-07 16:00
アメリカ・ミルウォーキー動物..
at 2018-12-07 01:00
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2018-12-07 00:30

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag