街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2019年 07月 04日 ( 1 )

ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のホッキョクグマ飼育展示場にライブカメラ設置 ~ スメタンカは欧州へ

a0151913_251651.jpg
スメタンカ Photo(C)НикLife

黒海に突き出たクリミア半島に近いウクライナ南部の都市であるムィコラーイウの動物園では一昨年2017年の12月8日にモスクワ動物園のシモーナの娘である当時6歳のジフィルカから雌(メス)のスメタンカ (Сметанка) が誕生しています。私は昨年8月に五日間連続でムィコラーイウ動物園を訪問してジフィルカとスメタンカの親子、及びスメタンカの父親であるナヌクと会ってきたわけですが(過去関連投稿参照)、連日の猛暑の中で飼育展示場に張り付いて粘り強く頑張ったことが今となっては懐かしい思い出になっています。
a0151913_4513816.jpg
さて、先月6月の初旬から地元の情報サービス機関がムィコラーイウ動物園のホッキョクグマ飼育展示場から24時間のライブ中継を始めていますので、それを下にご紹介しておきます。日本時間マイナス6時間がウクライナ時間です。映っているのはジフィルカとスメタンカが暮らしている区画です。



さて、このムィコラーイウ動物園のホッキョクグマたちについてはやはり情報が非常に乏しく最近ではほとんどニュースになっていないのですが、こうしてライブカメラが設置されるのはありがたい話です。3月にスメタンカには麻酔で眠らせたのちに健康診断と体にマイクロチップを装着する作業が行われたそうです。同時に再び性別チェックが行われスメタンカは間違いなく雌(メス)であることが確認できたとのことです。このマイクロチップの装着は飼育下のホッキョクグマの個体管理のために必要な要件となっています。札幌のリラや浜松のモモもマイクロチップがすでに装着されているはずです。円山動物園は確かリラの性別判定の際に装着したことが明らかにされていましたし、天王寺動物園も確かそれを何かで述べていたような記憶があります。
a0151913_4223318.jpg
スメタンカの健康診断 Photo(C)Photo(C)НикLife

同園のトプチィイ園長が地元メディアに明らかにしたところによりますとスメタンカはEAZAのEEPの枠内として秋にも欧州内の動物園に移動するそうです。トプチィイ園長はスメタンカを欧州に出す条件として、かねてからムィコラーイウ動物園での飼育を希望していた複数頭のゾウの入手を条件としてEAZAに提示し、さらに可能ならば複数頭のキリンの入手も希望していることをEAZA(おそらくコーディネーター)に切り出したところ、その条件が受け入れられスメタンカとの交換という形で実現することになったそうです。ゾウは二頭の雄(オス)のようで秋に来園するそうです。、一頭はオランダの動物園から、もう一頭はハンガリーの動物園から来園することになっているとのこと。キリンについてはどこの動物園からいつ頃といった具体的な話は完全には煮詰まっていないようです。


スメタンカの水遊び (2018年8月28日撮影) - "Mykolka"(Smetanka) the 8-month-old female polar bear cub playing in the water at Mykolaiv (Nikolaev) Zoo, Ukraine, on Aug.28 2018

スメタンカの移動が秋とはいっても何月頃になるのかは明らかにされていません。ゾウが来園するのと期を一にしてのことだろうと思います。さて、スメタンカが欧州内のどの動物園に移動するかは興味深い問題です。注目して見守りたいと思います。

(資料)
Inshe.tv (Mar.28 2019 - Белых медведей из Николаевского зоопарка обследовали и чипировали. Сметанка действительно оказалась девочкой)
НикLife (May.15 2019 - Ради слонов и жирафов Николаевскому зоопарку придется отдать белого медвежонка)
Корабелов.ИНФО (May.16 2019 - Вместо белого медвежонка в Николаевском зоопарке появятся слоны и жирафы)

(過去関連投稿)
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ 一頭が元気に成育中
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園での赤ちゃん誕生の報道に登場した「悲劇のホッキョクグマ」アイカの姿
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃんが生後一か月に
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃんが生後二ヶ月に ~ 雪の日の父親ナヌク
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃん、間もなく生後三ヶ月へ ~ 初めての自然光での映像
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃんがジフィルカお母さんと共に屋外に登場!
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカ親子の屋外登場以降の近況 ~ 優れた母親の出現
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカ親子に天から与えられた季節外れの積雪のプレゼント
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃんとジフィルカお母さんの近況 ~ 親子の情報の乏しさ
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃん、性別も名前も発表されないまま間もなく生後五ヶ月へ
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園で誕生の赤ちゃんが生後半年を無事に経過 ~ 乏しい情報を憂う
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃんの性別は「雌(メス)」と判明 ~ 同園は名前を公表せず
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園の赤ちゃんの正式な名前が「スメタンカ (Сметанка)」に決まる
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとスメタンカの親子の近況 ~ 乏しいウクライナからの情報
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとスメタンカの親子にお菓子とおもちゃのプレゼント
ウクライナ・ムィコラーイウ動物園のジフィルカとスメタンカの親子にファンからおもちゃのプレゼント
(*2018年8月 ムィコラーイウ動物園訪問記)
・ムィコラーイウ動物園へ ~ ジフィルカとの再会、そしてミコルカ(仮称)との出会い
・ナヌク (Lední medvěd Nanuk)、その姿と実像 ~ 偉大な雄(オス)の風格が備わるのはまだ先か?
・ジフィルカ (Белая медведица Зефирка)、天性の母親の資質
・ミコルカ (仮称 - Белый медвежонок Мыколка)、素顔とその性格
・ムィコラーイウ動物園訪問二日目 ~ ジフィルカ親子の示す愛情の絶妙な相互関係
・ムィコラーイウ動物園訪問三日目 ~ ジフィルカの自己犠牲的献身性の母親像
・ムィコラーイウ動物園訪問四日目 ~ 猛暑の中で頻繁に授乳を行うジフィルカの体力的強靭さ
・ムィコラーイウ動物園訪問五日目 ~ ジフィルカさん、ミコルカ(仮称)ちゃん、ナヌクさん、お元気で!
by polarbearmaniac | 2019-07-04 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・カザン市動物園のテル..
at 2019-08-23 23:45
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2019-08-22 23:55
ロシア・ヴォルゴグラードでの..
at 2019-08-21 23:45
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2019-08-20 23:45
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2019-08-19 23:45
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2019-08-19 03:47
ベルリン動物公園のトーニャと..
at 2019-08-17 23:50
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2019-08-16 23:45
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2019-08-15 23:55
ロシアのニジニ・ノヴゴロド、..
at 2019-08-14 23:55

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag