街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2019年 07月 13日 ( 1 )

ベルリン動物公園のヘルタの力強い成長の快進撃

a0151913_0222068.jpg
ヘルタとトーニャ Photo(C)dpa

ベルリンのフリードリヒスフェルデにあるベルリン動物公園 (Tierpark Berlin) で昨年2018年の12月1日に生まれた雌(メス)のヘルタ (Hertha) については多くの映像でその成長を追ってくことが可能となっています。私が6月にトーニャとヘルタの親子に実際に会った印象でいいますとヘルタというのはなかなか気の強い個体であるということです。母親のトーニャも意志が強固な面がありますからこの親子を観察していくと何か精気に満ちたホッキョクグマ親子であるという最終的な印象を得ることになったわけでした。

「気が強い」ということと「活発である」ということとは必ずしも一致していません。しかしヘルタの場合はこの二つの要素が結びついているように見えます。そういったヘルタのごく最近の様子をベルリン動物公園の公式映像も含めていくつか見ておきたいと思います。まず最初のものは同園の公式映像です。ボール遊びに熱心なヘルタです。二番目の映像も同じように遊んでいるヘルタです。





次は雨天のなかでの親子です。ヘルタはもちろん雨を全く気にしていないようです。



こういったことでヘルタは「快進撃」を続けているようです。体も一段と大きくなってきた感じがします。

(過去関連投稿)
ベルリン動物公園のトーニャ、その出産は秒読み状態か?
ベルリン動物公園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ トーニャが三度目の出産
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃんが生後六日目を迎える
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃん、生後10日間の関門を無事に突破
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃん、生後二週間が経過
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃんが生後五週間を順調に経過、両目を開く
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃん、無事に生後50日が経過 ~ 同園訪問希望の方々へのアドバイス若干
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃんが生後八週間を目前にして歩き始めようとする
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃんが元気に生後二ヶ月が経過
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃん、生後70日となる ~ 好奇心に溢れた行動を始める
ベルリン動物公園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ベルリン動物公園の雌(メス)赤ちゃん、約三週間後に屋外登場となる模様 ~ 名前は"ヘルタ"となるのか?
ベルリン動物公園の雌(メス)の赤ちゃんの一般公開開始は三月中頃とベルリン市が公式に発表
ベルリン動物公園の雌(メス)の赤ちゃんのボール遊び ~ 待たれる屋外登場
ベルリン動物公園の雌(メス)の赤ちゃん、今週土曜日(3月16日)より一般公開開始と同園が告知
ベルリン動物公園の雌(メス)の赤ちゃん、遂に屋外に登場!~ 早くも水に入る大胆さ
ベルリン動物公園の雌(メス)の赤ちゃんの一般公開が土曜日から始まる
ベルリン動物公園のトーニャ親子が多くの人気を集め来園者数が倍増となる
ベルリン動物公園のトーニャお母さんとヘルタの親子の近況 ~ 猛暑が続く欧州
by polarbearmaniac | 2019-07-13 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・カザン市動物園のテル..
at 2019-08-23 23:45
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2019-08-22 23:55
ロシア・ヴォルゴグラードでの..
at 2019-08-21 23:45
ロシア・クラスノヤルスク動物..
at 2019-08-20 23:45
オランダ・ヌエネンの「動物帝..
at 2019-08-19 23:45
デンマーク・コペンハーゲン動..
at 2019-08-19 03:47
ベルリン動物公園のトーニャと..
at 2019-08-17 23:50
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2019-08-16 23:45
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2019-08-15 23:55
ロシアのニジニ・ノヴゴロド、..
at 2019-08-14 23:55

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag