街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

2019年 07月 29日 ( 1 )

ボリシェリェーチェ動物園で慎み深きホッキョクグマ、グーリャ (Гуля) との素晴らしき再会

a0151913_07020.jpg
グーリャさん、お元気そうで何よりでございます! 昨年に続いてまたあなたに会いに日本からやってきました!
a0151913_0145723.jpg
グーリャの暮らすこのボリシェリェーチェ動物園 (Большереченский зоопарк/Bolsherechye Zoo) にやって来るのは本当に大変なのである。なにしろオムスクから約200km 離れたボリシェリェーチェという小さな街にあるロシア唯一の田園動物園である。昨年の10月の訪問に続いて今回は二度目の訪問となる。
a0151913_0182735.jpg
オムスクから車で片道約二時間半もかかるのである。まさに「秘境」ともいえる動物園でありよほどのマニアでもなければロシア以外の国からこの動物園を訪問する人間はいないだろうと思う。今年の春に日本からホッキョクグマファンの女性二人がグーリャに会いにこの動物園を訪れているが、それ以外の日本人がこの動物園を訪問したという話を私は聞いてはいない。


ボリシェリェーチェ動物園入口からホッキョクグマ飼育展示場へ - From the Entrance Gate to the Polar Bear Enclosure of Bolsherechye Zoo, Russia, on Jul.29 2019.
a0151913_027391.jpg
私は開園と同時にこの動物園に入ったが事前に私の訪問について知っていた広報の方が現れてここからグーリャに近い位置まで案内してくれる。
a0151913_0401951.jpg
この雌(メス)のグーリャは推定で現在30歳の野生出身のホッキョクグマである。幼年時代にひどい仕打ちを受けた体験があるものの、その後は1995年からこのボリシェリェーチェ動物園で平穏に暮らしている。詳しくは過去関連投稿を御参照頂きたい。
a0151913_0495698.jpg
午前の給餌である。


間合いを計った後に食べ始めるグーリャ - Gulya (Гуля) the Polar Bear taking time before starting to eat, at Bolsherechye Zoo (Большереченский зоопарк), Russia, on Jul.29 2019.

a0151913_0572874.jpg
グーリャへの午前の給餌は昨年は確かもう少し後の11時頃だったと記憶しているが、スタッフの方々が私のために給餌の時間を早めていただいたようである。
a0151913_1415869.jpg
普段より早い時間に給餌があったためかグーリャも戸惑ったようで最初はなかなか食べ物を口にしなかった。


パンを食べるグーリャ - Gulya (Гуля) the Polar Bear eating bread at Bolsherechye Zoo(Большереченский зоопарк), Russia, on Jul.29 2019.

a0151913_1122524.jpg
このグーリャは幼少期に片目の視力を失い、そして現在ではもう一つの視力もほとんど失われているそうである。
a0151913_1303828.jpg
しかし彼女は嗅覚と聴覚が普通のホッキョクグマ以上に鋭敏であり、そうした視力の不自由さをうまく補っていることがよくわかる。


食べ物をかかえながら食事をするグーリャ - Gulya (Белая медведица Гуля) the Polar Bear eating at Bolsherechye Zoo (Большереченский зоопарк), Russia, on Jul.29 2019.
a0151913_2392385.jpg
a0151913_2443780.jpg
このグーリャだが昨年と比較して目立った変化はないようである。
a0151913_2461629.jpg
ただし何と言っても彼女は高齢である。そうした加齢から生じる幾分の動きの鈍さについてはやはりいたしかたのないところだろう。
a0151913_2475278.jpg
彼女の健康を支えているのはスタッフの方々の献身的な努力と、そして飼育環境の素晴らしさだろう。ロシアの動物園でこのボリシェリェーチェ動物園ほどホッキョクグマの生活環境が整えられている動物園は他にないのである。
a0151913_2505143.jpg
SONY RX10M4
Panasonic HC-W870M
DJI Osmo Pocket
(Jul.29 2019@ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園)

(過去関連投稿)
(*2018年10月 ボリシェリェーチェ動物園訪問記)
・ボリシェリェーチェ動物園へ ~ グーリャさん、初めまして!!
・グーリャ (Гуля)、その素顔と性格 ~ 慎み深さと浄化された静謐さ
・ボリシェリェーチェ動物園訪問二日目 ~ 神はグーリャを見捨てなかった
・グーリャさん、お元気で! ~ 心洗われる体験の二日間

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿
ロシア最大の石油会社 ロスネフチがロシアの動物園の全ホッキョクグマへの援助・保護活動開始を表明
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャにロスネフチ社より飼育場整備の資金援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、グーリャ(Гуля) の「国際ホッキョクグマの日」
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ(Гуля)、乏しい情報から知るその動向
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、情報欠如の「幻のホッキョクグマ」としての存在
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ ロスネフチ社からの次の援助
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園を襲った洪水の被害 ~ グーリャは無事に毎日を過ごす
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ、視力・聴力を大部分失うも嗅覚で元気に暮らす
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園に訪れた秋 ~ 季節の味覚を楽しむグーリャ
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの旺盛な食欲 ~ ロシアで上がる彼女の知名度
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャに早々とクリスマス用の木のプレゼント
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの冬の日 ~ 心温まる地元のファンとの関係
ロシア・ボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」~ グーリャとウスラーダの運命の分岐点
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャ (Гуля) が過ごす豊かな余生
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 「幻のホッキョクグマ」へのオマージュ
ロシア・オムスクのメディアが当ブログ開設者のボリシェリェーチェ動物園訪問を報じる
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園の30歳になったグーリャ (Гуля) の近況
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」~ グーリャの30歳を祝う
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、冷雨の初夏の日の白く美しきグーリャの近況
by polarbearmaniac | 2019-07-29 23:30 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アルマトイ動物園へ ~ アリ..
at 2019-09-20 23:30
ロシアからカザフスタンへ ~..
at 2019-09-19 23:55
ノヴォシビルスク動物園 第三..
at 2019-09-18 23:00
ノヴォシビルスク動物園 第三..
at 2019-09-17 23:45
ノヴォシビルスク動物園を二ヶ..
at 2019-09-16 23:45
成田からノヴォシビルスクへ ..
at 2019-09-15 23:30
秋のロシアと欧州へ
at 2019-09-15 08:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2019-09-15 01:00
ベルリン動物公園のヘルタ、そ..
at 2019-09-14 02:00
スコットランドのハイランド野..
at 2019-09-13 03:00

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag