街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

タリン動物園訪問二日目 ~ フリーダお母さんと息子のアロンにゆったりと流れる時間

a0151913_529512.jpg
フリーダお母さん、アロン君、おはようございます。今日もよろしくお願いいたします!
a0151913_5332099.jpg
アロンは比較的朝から快調に遊び始めているようだ。
a0151913_5361890.jpg
このフリーダお母さんも息子のアロンに引っ張られて活動量は多い。
a0151913_5404354.jpg
フリーダお母さんは無理やり息子の相手をさせられているといった感じではなく自らも息子と良く遊ぶのである。
a0151913_544939.jpg
a0151913_5463936.jpg


フリーダお母さんとアロンの水で過ごす時間 - Friida and Aron the Polar Bears, enjoying themselves in the water at Tallinn Zoo, Estonia, on May.21 2018.

a0151913_5583231.jpg
今日は月曜日のためか来園者が少ない。来園者が多いとこの場所は人で一杯になってしまうのである。


プールのアロン - Aron the Polar Bear cub, showing himself in the water to the visitors at Tallinn Zoo, Estonua, on May.21 2018.
a0151913_6223156.jpg
a0151913_6321631.jpg
さて、このタリン動物園の新ホッキョクグマ飼育展示場は現在のフリーダ親子が暮らしている場所の他に上の写真のようにもうひとつあるのだ。これはメインの約四分の三ほどの面積があって本来ならば雄(オス)のノルトが暮らすべき場所なのだが彼は依然としてここには姿を見せていない。
a0151913_6353580.jpg
札幌の円山動物園の新飼育展示場は行ったことがないので知らないが、このタリン動物園のメインの飼育展示場よりも若干狭いのではないかと思う。しかし円山動物園の飼育展示場のほうが変化に富んでいるのではないかと思う、問題は札幌のデナリは、いつになったらまたあの新飼育展示場に入れてもらえるのかということである。本来ならば円山動物園は新飼育展示場に二つのスペースを建設しなければならなかったはずである。現在の状態ならばララとリラが当分はあそこを占領する形になるだろうし、リラの活発な行動からすれば来園者は新飼育展示場におけるララとリラの存在を長い期間に渡って期待し続けることになるだろう。デナリは登場の機会は当分はないだろうと思う。これは問題だろう。
a0151913_6272591.jpg
フリーダお母さん(左)とアロン(右)は地面を気にしているようだ。
a0151913_7245632.jpg
また水遊び再開のようである。
a0151913_7252686.jpg
a0151913_7274723.jpg
ちっとも面倒くさがらずにアロンの相手をするフリーダお母さん(左)である。
a0151913_7305275.jpg
a0151913_733048.jpg
a0151913_7351995.jpg
骨のようなものを噛み始めるアロン。

骨のようなものを噛み始めるアロン - Aron the Polar Bear cub, biting something like bones at Tallinn Zoo, Estonia, on May.21 2018.
a0151913_7415074.jpg
授乳を求めてフリーダお母さんの後を追うアロン。


フリーダお母さんの授乳 - Friida the Polar Bear, nursing her cub of one-and-half-year-old Aron, at Tallinn Zoo, Estonia, on May.21 2018.

a0151913_7511932.jpg
a0151913_7513315.jpg
夕方に動物園をあとにする。
a0151913_7514731.jpg
充実の一日。

SONY DSC-RX10M4
Panasonic HC-W870M
(May.21 2018@エストニア、タリン動物園)
# by polarbearmaniac | 2018-05-22 05:00 | 異国旅日記

アロン (Jääkarupoiss Aron)、その素顔と性格

a0151913_655372.jpg
このタリン動物園で2016年11月にフリーダお母さんから誕生したこの雄(オス)のアロンは現在一歳半である。
a0151913_6583555.jpg
その性格は温和であるように見える。
a0151913_713845.jpg
日本ではここのところララ、クルミ、バフィンが出産して育児したのは雌(メス)ばかりであると同時に、非常に個性の強い雌(メス)の幼年個体が連続して我々の前に登場してきた。ところがこのタリン動物園のアロンのような雄(オス)の一頭は非常に優しい性格であり、見ていると非常に新鮮に感じられるのである。


水で遊ぶ一歳半のアロン - Aron the one-and-half-year-old Polar Bear cub, playing in the water at Tallinn Zoo, Estonia, on May.20 2018.

a0151913_7201192.jpg
非常に外連味のないのがこのアロンの長所だろうと思う。それはノヴォシビルスク動物園のロスチクにも共通している素直で爽やかさのあるホッキョクグマだということだ。
a0151913_7265198.jpg
このアロンにはまだまだ将来の可能性が秘められてる。注目して見守っていきたい。
a0151913_7314856.jpg
SONY DSC-RX10M4
Panasonic HC-W870M
(May.20 2018@エストニア、タリン動物園)
# by polarbearmaniac | 2018-05-21 05:30 | 異国旅日記

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

タリン動物園訪問二日目 ~ ..
at 2018-05-22 05:00
アロン (Jääkarupo..
at 2018-05-21 05:30
タリン動物園へ ~ 伸び伸び..
at 2018-05-21 05:00
タリン旧市街を歩く ~ 気ま..
at 2018-05-20 05:00
ラトヴィアのリガからエストニ..
at 2018-05-20 03:00
リガ動物園訪問二日目 ~ ロ..
at 2018-05-19 05:00
リガ旧市街を歩く (2) ~..
at 2018-05-18 05:30
リガ旧市街を歩く (1) ~..
at 2018-05-18 04:00
ロメオ (Leduslāci..
at 2018-05-17 05:30
リガ動物園へ ~ ロメオさん..
at 2018-05-17 05:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag