人気ブログランキング | 話題のタグを見る


街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、早春の雪の日のザバーヴァ (Забава)の姿 ~ 遥かなるシベリアの動物園への憧憬

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、早春の雪の日のザバーヴァ (Забава)の姿 ~ 遥かなるシベリアの動物園への憧憬_a0151913_23581189.jpg
サバーヴァ (Забава)  Image:Большереченский зоопарк

ロシア・西シベリアの都市であるオムスクから約200キロの距離にあるボリシェリェーチェ動物園 (Большереченский зоопарк) に暮らす9歳の雌(メス)のホッキョクグマであるザバーヴァ(Забава) の最近の様子について同園が述べています。

3月も後半になってオムスク地方は暖かくなり、ボリシェリェーチェ動物園で暮らすホッキョクグマのザバーヴァも氷の解凍を始めらようです。しかし22日には雪が降ったそうです。そういった中でのザバーヴァの様子を同園が映像でアップしていますのでご紹介しておきます。下をワンクリックして下さい。
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、早春の雪の日のザバーヴァ (Забава)の姿 ~ 遥かなるシベリアの動物園への憧憬_a0151913_00322701.jpg
ザバーヴァは雪が降っていても、暖かくなることを望んでいないようだ、と同園は述べています。さて、ここで2月27日の「国際ホッキョクグマの日」のザバーヴァの映像を見てみましょう。


ウスラーダの末娘であるこのザバーヴァは、もうすっかりとボリシェリェーチェ動物園の風景の一部に溶け込んでしまいました。あとは、いつ彼女がパートナーを得られるかということになります。ウスラーダの孫というならばまだともかく、娘ということですから血統的にはなかなかパートナーを得ることは簡単ではないかもしれません。私はザバーヴァがまだ幼い時からレニングラード動物園で会って来ましたので、彼女については応援し続けていきたいと思っています。

ロシアの動物園に関するニュースは、ホッキョクグマだけでなく他の動物たちについての話題も、ウクライナ戦争勃発以降は欧米ではもう全く報道されることがなくなってしまいました。ましてやボリシェリェーチェ動物園のような国際的な認知度のほとんどなかった動物園についての情報を、西側で見かけるようなことは全くない状態です。残念なことです。

さて、ロシアの週刊誌である "Аргументы и факты (論拠と事実)" 誌は2月27日付けで «Белая Забава. Как живёт медведь в единственном в России сельском зоопарке» (白いザバーヴァ、ロシアで唯一の田園(田舎の)動物園でのホッキョクグマの暮らしぶり)という記事を掲載しています。その内容の一部を以下に御紹介しておきます。そこにはなんと、日本のホッキョクグマファンの訪問についても触れています・

「ボリシェリェーチェ動物園に初めてホッキョクグマが現れたのは1995年のことです。グーリャはレニングラード動物園からオムスク地方にやってきたときは子熊の状態でした。無防備な子グマは、母親がいない状態で(孤児として)レニングラード動物園のスタッフによって救出されたのでした。ボリシェリェーチェ動物園のプレスサービスによると、グーリャが動物園に来たときは地元の企業の援助にたよって飼育されていたそうです。2014年以降、ロシアの動物園では、大手石油会社がホッキョクグマの保護を担当し、その維持に資金を提供しています。また、オムスク州の文化省はこの動物園の責任者でもあります。ホッキョクグマは、他の肉食動物と同様、肉食動物部門に属しています。彼らの世話をするのは、特別な教育と技術を持った動物園技師たちです。また、動物園には専属の獣医師がおり、毎日動物の診察を行っています。」

「ボリシェリェーチェ動物園にはホッキョクグマのための特別な囲いがあり、眠るだけではなく、魚を捕ることもできるのです。ホッキョクグマのために特別な土を運び、できるだけ自然の生息環境に近い環境を作っています。現在、囲いの中には3つの区画が設置されていますが、2023年には、動物園の経営陣はホッキョクグマの「家」をアップグレードし、さまざまな活動を行うためのエリアを追加することを決定しています。動物園によると、ホッキョクグマはとても活動的な動物だそうです。新鮮な空気の中で遊び、巨大なボールを引きずり、時には自分の住まいの屋根に引っかけて走ったり、氷柱をかじるのが好きです。夏には涼しいプールで水遊びをします。ダウンヒルスキーもホッキョクグマの好きな遊びのひとつです。肉、魚(カラフトマス、サバ、シロザケ)、パン、ケフィア、ベリー類、穀類(オートミール、ヘラクレス)、野菜(ニンジン、ビートルート、クルジェット、カボチャ)、果物(リンゴ、スイカ、メロン)、魚油、ビタミンミネラル剤、緑の小枝などを豊富に食べています。一般的に、ホッキョクグマはよく食べ、よく味わっています。」

「初代のホッキョクグマのグーリャは、長く幸せな生涯を送りました。内向的な性格で、平和と静けさ、プライバシーを大切にしていました。この人気者は甘いものが大好きで、プールで魚を狩るのが大好きな釣り好きでした。 彼女の名声は日本にも届き、日出ずる国のブロガーたちは、このシベリアの美女についての記事をいくつも掲載したのです。グーリャは2020年に31歳で亡くなりました。人間の基準では、彼女は約100歳の熟年まで生きたことになります。現在の動物園には、1頭のホッキョクグマ、ザバーヴァが飼育されています。彼女もグーリャと同じくレニングラード動物園から来ました。彼女は2020年にイジェフスク動物園からオムスク地方に運ばれてきたのです。彼女はまだ9歳で、この間に囲いの中で完全に順応し、人間好きになってしまいました。ザバーヴァの好きなご馳走は、肉、野菜、氷柱です。」

「ボリシェリェーチェ動物園では、毎年「世界ホッキョクグマの日」を祝い、来場者を招いてアクティブな競技やダンスを開催しています。今年のメインヒロインは、もちろんザバーヴァです。動物園の来園者は、このホッキョクの美女と一緒に写真を撮った後、温かいお茶を飲むことができました。ボリシェリェーチェ動物園のショップでは、オムスク地方のこのホッキョクグマの記念品を購入することができます。」

ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園、早春の雪の日のザバーヴァ (Забава)の姿 ~ 遥かなるシベリアの動物園への憧憬_a0151913_02303401.jpg
サバーヴァ (Забава) Photo(C) Большереченский зоопарк

ボリシェリェーチェ動物園は、まさかロシア国外からグーリャに会うためにわざわざボリシェリェーチェ動物園を訪問する外国人がいたことについて大きな驚きと、喜びを感じていたことは、オムスクのその他のメディアの記事でもよくわかります。どうしてもまた、この動物園に行って見たいと願っています。私自身の年齢的なこともあり、次回訪問するときはオムスクで誰か運転手を手配して行きたいと思います。以前のように、もう自分で運転して行くのはキツイという感じです。

(資料)
Большереченский зоопарк (Mar.22 2023 - Купальный сезон открыт!!) (Mar.23 2023 - Друзья,а за окном снова зима.)

(過去関連投稿)
ロシア・イジェフスク動物園のザバーヴァがボリシェリェーチェ動物園に向け出発! 
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園に無事到着したイジェフスク動物園のザバーヴァの検疫中の姿

(*2018年10月 ボリシェリェーチェ動物園訪問記)
・ボリシェリェーチェ動物園へ ~ グーリャさん、初めまして!!
・グーリャ (Гуля)、その素顔と性格 ~ 慎み深さと浄化された静謐さ
・ボリシェリェーチェ動物園訪問二日目 ~ 神はグーリャを見捨てなかった
・グーリャさん、お元気で! ~ 心洗われる体験の二日間
(*2019年7月 ボリシェリェーチェ動物園訪問記)
・ボリシェリェーチェ動物園で慎み深きホッキョクグマ、グーリャ (Гуля) との素晴らしき再会
・グーリャ (Гуля) ~「人生の師」、そして諦念のなかに漂う不思議な希望の明るさ
・ボリシェリェーチェ動物園訪問二日目 ~ グーリャ (Гуля) の規則正しい生活、そしてその楽しみ方
・グーリャ (Гуля)、深い精神性に内在した生命への肯定的価値観 ~ "Das Wunder Gulya"

# by polarbearmaniac | 2023-03-24 02:00 | Polarbearology

鹿児島・平川動物公園でライトの一般公開が始まる

鹿児島・平川動物公園でライトの一般公開が始まる_a0151913_00463706.jpg
ライト  Image MBC

和歌山県のアドベンチャーワールドから3月9日に鹿児島の平川動物公園に移動してきた9歳の雄(オス)のライト (Right, Light, Wright, Write, Lite, Rite....) が、22日より同園で一般公開が開始されました。地元局のニュース映像で彼の姿を確認しておきましょう。WBCの決勝戦の観戦など全く意に介さずホッキョクグマに会いに来る.....素晴らしい! このライトの一般公開開始に関するニュース映像をまとめておきましたので、こちらでご覧下さい。体重は330kgs だそうですが、思っていたよりも重いですね。夏の暑さ対策、もっとやってあげてほしいです。ロングバージョンは下で見ることができます。


私がちょっと気になるのは、平川動物公園、地元メディア、地元ファンは、「不在になってしまったホッキョクグマを、また見ることができる」といった気持ちを抱いているのも無理からぬところがありますが、もう現在においてホッキョクグマを飼育するということは、そういった過去において当然だと考えられていた飼育意義とは別のものになってしまっているということです。

(資料)

(過去関連投稿)

# by polarbearmaniac | 2023-03-23 01:00 | Polarbearology

ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、その追加映像 ~ 悠然、かつ堂々とした母親のゲルダ

ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、その追加映像 ~ 悠然、かつ堂々とした母親のゲルダ_a0151913_01491509.jpg
Image : Сергей Ильтяков

ロシアのノヴォシビルスク動物園で、昨年2022年12月16日にゲルダから誕生した双子の赤ちゃんですが、依然として同園での一般公開には至っていないようです。どのような形で規制が行われているのかが今一つわからない状態です。しかし、非常に限られた映像はネット上にアップされています。前回の投稿以降にアップされている、そういったものを御紹介しておきましょう。まず20日に撮影された二つの映像です。下をそれぞれワンクリックして下さい。
ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、その追加映像 ~ 悠然、かつ堂々とした母親のゲルダ_a0151913_02051387.jpg

ロシア・ノヴォシビルスク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、その追加映像 ~ 悠然、かつ堂々とした母親のゲルダ_a0151913_02084634.jpg

次に昨日21日の映像です。


悠然かつ、堂々とした母親であるゲルダの姿がよくわかります。そろそろ性別予想などを行ってみたい気もするのですが、それよりもまず正式な一般公開が始まってから、いろいろな情報も出てくるでしょうから、現時点では単に観察だけしておきたいと思います。

(過去関連投稿)

# by polarbearmaniac | 2023-03-22 03:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
飼育・繁殖記録
街角にて
未分類

最新の記事

........and so..
at 2023-03-27 06:00
モスクワ動物園のディクソン(..
at 2023-03-26 03:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-25 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2023-03-24 02:00
鹿児島・平川動物公園でライト..
at 2023-03-23 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-22 03:00
名古屋・東山動植物園でフブキ..
at 2023-03-21 01:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2023-03-20 02:00
モスクワ動物園のディクソン ..
at 2023-03-18 22:20
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2023-03-18 03:00

以前の記事

2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索